FC2ブログ

2015年8月25日(火) 夏も過ぎて行くんだなぁ、と、でも今日は変な雨

●今日は現地へ学生を連れて。インターシップの研修で職場へ来ている学生を現場へ連れて行く仕事。車の運転手か。とはいいつつ、通い慣れた道を清水両河内まで。H好園のJ君に茶工場見せてもらい、茶園を見せてもらい、更にはお茶まで呈茶してもらい、対応頂きました<(_ _)>。ありがとうございます。
a1_20150825214438d82.jpga2_201508252144439a7.jpg
a3_20150825214442781.jpga4_2015082521444735f.jpg
a5_20150825214447e4c.jpga6_20150825214623dfe.jpg
a7_201508252146298d1.jpga8_201508252146265e7.jpg
□若さの感じる話を聞かせもらいました。お茶はやる気と前向きと思いがあれば、まだまだいけます、という事。
●午後から事務所では夕方からの打合せ資料を作成。若者達との今後の茶工場組織方向性について打合せ。これまた、前を向いた話で、いいと思います。
●打合せ後は、みなで夕飯を食べに。事務所の近くの蕎麦屋「八兵衛」へ。若者は本当に気持ちよくたくさん食べる。おじさんは、せいろ2枚で十分でした。でも、味はまずまず。ただ、秋になって新蕎麦の季節になれば味わいも変わるのだろう。
hh1_201508252151311ae.jpg
□私は、小エビ天麩羅のせいろ2枚付き。若者達は3枚ずつ食べました。
●今夜の雨、大丈夫かな。明日は防災訓練がありんす。晴れないかな。
●そういえば、昨日飲み屋で傘を盗まれた。雨が降っているからといって人の傘を持って行くと言う精神が気に入らない。
●9月11日に(株)静岡茶市場で行われる「川根本町茶品評会出品茶入札販売会」。これをキーに、山のお茶の今後を考える機会に、と提案すると、前を向いた人はどんどんのってくる。来年は「山のお茶品評会」だ。
●今日の一冊。松尾佑一[著]『生物学者山田博士の聖域』【2015年,㈱KADOKAWA,\440+税】。本屋で目にとまり購入。リケジョとか理系男子とか、記号化されて話をされると何ともイラっとしてしまうのだが。理系と文系、そんなに差があるのかなぁ、と思ってしまう。単に勉強科目の好き嫌いでないの?て。とはいえ、話の展開性、読者へのキャラクター特性の明確性等なんだろうなぁ、と思う。一方で、研究室で好きな事を追及していたい願望というのは持っているものだが、理系出身者としては。
IMG_0005_20150816152914d7a.jpg
[ 2015/08/25 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/993-0261ce09