FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2015年8月6日(木) 一日、無思考作業に勤しみ、そして夜は美味さで脳みそが溶ける

●今日は、8月下旬に静岡で行われる全国茶品評会審査会の準備、作業員として、朝から会場の(株)静岡茶市場で作業に勤しみました。
●ひたすら審査茶碗に審査番号を書いていくという作業。冷房が莫迦みたいに聞いた部屋で、800茶碗位書きました。皆、寒い寒いと言っていたのですが、私は寒くはないのですが、最後は足腰が利かなくなって。感覚老化と立ちんぼシンドロームでしょうか。
●しかし、関係機関の方々ばかりだったのですが、いつの間にか、こんな場面に来ると、自分の年齢が上から数えた方が早い、という事に気づかされてしまいます。皆若いんだなぁ、と。
●そんなロボット二等兵の時間を過ごし、夜は久々の美味しい吞み会。次から次に頼むものが美味くて美味くて。とりあえず、最初に出てきた突き出しのツブが美味くて、ナガラミも頼んでしまい、これまた美味し。大将に聞いたら、貝の美味しい季節なので、という事。握りも、ホタテとミル貝を。穴子が美味いのは定番なのですが、トマトの天麩羅?として頼んだものが、中の詰めものは想定内だったのですが、外を湯葉包みにして揚げていて、これが秀逸。思わず、もう1回頼んでしまいました。握りの白身も美味しかったし、久々のお店でしたが、最高( ^^) _旦~~でした。お茶は、抹茶入り煎茶で、これに何を言う事もないのですが、アツアツで散々お酒呑んで酔っ払った身には十分でした。また来るぞ。
b1_20150807013912344.jpg b2_20150807013914740.jpg
□突き出しのツブ。肉厚でした。そしてお酒は久保田千寿。
b3_20150807013915a51.jpg b4_20150807013917b3a.jpg
□突き出し貝が美味しすぎてナガラミ頼んじゃいました。感想同じ美味し。イワシの天麩羅。
b5_2015080701391817e.jpg b8_201508070143582ed.jpg
□トウモロコシの天麩羅。粒づくりではなく削ぎ切りで。歯ごたえも良し。お酒は八海山?あれ、このグラスは正雪?かな。既に酔っぱらい。。
b6_201508070143551d9.jpg b7_20150807014357d1e.jpg
□秀逸だったトマトの天麩羅。外包みの湯葉とトマトの味わいがたまらないです。湯葉が分からなくて、思わず大将に、素材と作り方を聞いてしまいました。
b9_20150807014400e28.jpg b91_20150807014401a61.jpg
□握りが美味しいお店です。ホタテ、ミル貝、そしてウニ。ウニのてんこ盛りサービスも嬉しいです。こちらは追加で頼んでしまったミル貝とヒラメです。白身も大好きなんです。
b92.jpg b93.jpg
□お茶です。中身は置いておいて、このビールグラスのような湯のみは良かったです。
●久々に来たのですが、十分満足。お酒飲む楽しいなぁ、と思わせてくれるお店でした。
●明日は本当は夏休み予定だったのですが、突発飛び込み調整仕事で、午前中だけ出勤予定。でも酔ってしまったからなぁ。でも、先日の頭に来るお酒と違い、気持ちよく酔えるのはお酒の質の違いなんだろうなぁ、と。グゥゥゥド。
●先日、短い時間ですが、施肥の考え方について話をする機会があり、その際にいつも言うのは「技術になってないですよね」と。同じ事がお茶に関して色々な場面で感じていて。自分の手で感じられる技術に、と思うのは、技術屋のサガなんだろうなぁ、と。まだまだ昇れる階段、でも、階段が無くなったら。そうしたら自分で階段をつくるしかないんだろうなぁ、と。
●今日の一冊。本庄みのり[作]『そうは言うけど-あかりさんちの実験婚-①』【2015年,㈱徳間書店,\600+税】。結婚をこんな形で嫁が捉えていたら、それはそれで楽しいのだろうか。理系的思考、とでも言うのだろうか。面白いです。面白いと思う時点で自身の思考が分析的なんだろうなぁ、と思う。
IMG_0002_201508070158354bd.jpg

[ 2015/08/06 ] コミック | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/973-b1e834ac