FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2015年6月27日(土) 6月の最後の週末、久々にグラフを楽しむ

●雨の土曜日、でお休み。でも、雨止みました。朝一番で髪の毛を切りに。お茶時期は、仕事の都合上、散髪間隔が1.5倍位になってしまい、頭が重たい。白髪も伸び伸びで何ともみっともないのだ。小学校から通う床屋。いつまでやってくれるかな。
●昔の自分ブログ記事を読み返して面白いと思ったグラフを取り出し見た。時期別施肥(秋肥・春肥)の量的処理が一番茶枠摘み新芽生育に与える影響。グラフはN濃度とN量の一番茶生育期における時系列枠摘みにおける推移を示している。横軸は、枠摘み調査開始日(4月28日)からの経過日数を示す。ベースは無施肥処理の値を0ベースとしての比較差。
270626-1.jpg
○N濃度で言えば、無施肥区に対して施肥処理区それぞれの濃度差は1%内でしかない、という事。まず、これは大事。
○次に秋肥は一番茶新芽に対して濃度的影響力はほとんどもたない(施肥量が初期的濃度に影響する可能性は示されているが)。量的な話で言えば、秋の18kgNより、春の6kgNの方がN濃度においては大きく一番茶新芽に影響を与えている。濃度的には。
○それでは濃度に影響を与える春肥の量的影響は。12kg≒18kg>6kg。12kgレベルでプラトーなんだろうと判断。
○秋肥。18kgが初期濃度を高めるが、春肥の6kgと同じ。その後、減少し、最終枠摘み時では、6kg及び12kgと同じ濃度を示す。この現象をどう説明するか。これが、調査初日(4月28日)の秋肥18kgと春肥6kgの一番茶芽が同じものを表現しているのかどうかは分からない、のではないのだろうか
270626-2.jpg
○秋肥18kgの突出した調査初日のN量。生育が早い、という事になるのだろう。一方で、そのN量の変化は春肥施用に比して増加速度は緩い。
●と、そんな事をつらつらと書いていたのですが、このグラフでいいのか、という思いと、Leaf weightをとりあえず、出して見て、その上で、Linearでいいのか、という辺りで、グラフのつくり替えをしてみようと。久々だぁ。
Ncontent.jpg
Nmass.jpg
dry leaf weight
□とりあえず、0㎏ベース調整もしていない、Non-linearのfittingグラフ。上から窒素濃度、窒素量、枠重量、である。
●久々だぁ。これを整理だ。量と濃度。呪文だなぁ。
●とりあえず、0kgベースでグラフを作ってみる。
Ncontent-0base.jpg
Nmass-0base.jpg
Leafweight-0base.jpg
□当たり前に当初出しと似たグラフになる。当たり前だが。
○量的なモノ、ここでは枠摘み重量を指すが、やはり、秋肥施用による樹体充足の必要性は明確である。ただ、一方で、春肥施用により、初期的なカバーは出来ないが、生長に伴い終盤、エンドポイント(これがあるかどうかは問題だが)に向けて、秋肥充足に対抗した生育量に伸びて行く傾向が確認される。
○一方でN的な話をすれば、これは明らかに春肥施用の影響が、新芽N濃度を高めている事は確実である。というよりは、18kgN施肥が生育初期の茶芽のN濃度を高める、と言ってしまっていいのだろうか。生育との関係性は。
●さて、頭の中が沸騰状態に(T_T)[9:40]
●尺のある針のようなお茶、それを冷茶で茶葉を見ながら楽しむ。多分量的には500ml位飲んでしまうのだろう。この透明感を持つ青みある水色。そして味わいのうま味。いいお茶だと思う。
aa0.jpg
aa1_20150627155138bf0.jpgaa2_2015062715513874c.jpg
aa3_201506271551394ba.jpg
aa4_20150627155140ae0.jpgaa5_20150627155309d1b.jpg
aa6_20150627155311a8e.jpgaa7_20150627155313b6a.jpg
aa8_20150627155315b29.jpg
□茶殻もきれい。開いた後の茶殻がツヤぽい、のだなぁ。
●出開き度の日変化。重量との関係の方がいいのか。
banjhi shoot
□とりあえず、R2は全然ダメ。Linearでは本当は現わせない。でも、多分何かあるんだなぁ。
●脳みそが久しぶりにグチャグチャ。多分、でも、何かあるのだろうし、それを上のお茶との関係性に持ち込めれば、一歩進めそうな気がしている。今夜も明日も頑張ろう。[16:00]
●今日の一冊。よしながふみ[作]『きのう何食べた?⑩』【2015年,㈱講談社,\581+税】。心待ち。美味しい本です。なぜ食は心を癒してくれるのだろう。
IMG_0006_20150626235920724.jpg
[ 2015/06/27 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/932-6650d393