FC2ブログ

2013年4月2日(火) 品評会出品茶園巡回

●今日は品評会出品予定茶園の巡回調査。今年の茶園の状態はどんなんか関係者でグルグル。やはり、芽の動きは早い。いや、驚くくらい早い。5年間川根本町の全国茶品評会に関わってきて、一番早い。6年目にして職場も異動しての対応が、まだ4月2日なのに、何だかもうギリギリとやらないと間に合わないじゃん、て気持ち。その芽の一部を掲載。4月下旬には懸命にお茶揉みしているんだろうなぁ。
tyaga1.jpg tyaga2.jpg
●あと、巡回途中に天空で屋久島の新茶を御馳走になりました。もう少し新茶らしさを大事にしても、と思わなくはないですが、お茶としては、きっちり呑みやすく商品になっている、という感想。
sintya1.jpg tenku.jpg
●夜はN園に呼ばれて、品評会出品対策について少しお話をさせてもらって。専門は製茶でないので、自分が品評会茶を揉んでいる感覚を言葉にしたり、整理したものをベースに、基本上乾きをさせない、という点を死守しながら、そのために機械をどう使うか、という説明。今の機械は進歩しているけど、それを昔の機械の感覚で使っているからダメなんではないの、という話。なぜ中揉で揉まずに上乾きさせるのか。なぜ、葉打ちで真剣に茶葉の水分状態を確認しようとしないのか。製造技術いまだに感覚を超えず。最後には専門は土壌肥料なので、施肥の話で呼んで下さいでまとめて、1時間30分でした。でも、こんな勝手な話を聞いてくれるだけありがたいと思うのでありんす。
●今日の一冊。竹村彰通著『統計-第2版-』【2007年,共立出版㈱,¥2,700+税】。ちなみに第1版は1997年初版。本当に統計の基本的な意味合いを理解する上で、このような基礎的書物は欠かせないものである。一方で第2版になった事で、図の例示等における使用ソフトは「R」が使われている。やはり、時代ですね。統計モデル、尤度関数、という章の立て方も時代に通じているのだろう。しかし、この基礎的書物さえも十分理解したか、といえば、・・・。まぁ、統計を講義する訳ではないのだから良いのだろう。
IMG_0006_20130329222040.jpg
[ 2013/04/02 ] 統計 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/92-e887b577