FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2015年4月20日(月) 大雨、ずぶ濡れ、普及員らしく

●本日は朝から雨。一昨日から首に寝違えの症状が。土日を含めて4日間、茶工場にいたけど、居ただけの感が強く、それで余計に疲れが蓄積した感じ。肩甲骨運動をして、何とか最悪の事態は回避中。お茶時期はこれからですから。
●昼過ぎからひどくなった雨の中、清水の両河内の中河内まで、書類等を預かりに。工場の組合長と話をして、これからの事どうしましょうか、という結論には至らない意見交換。ただ、やはり話をするのは大事、だと思う。やっぱり、農業改良普及指導員、てこれが本業なんだろうなぁ、と思う。更には、製造で尺ができない、というお話を聞いて、工場のラインを見せて頂く。なかなか特殊なライン。葉打ち⇒粗揉⇒揉捻⇒粗揉⇒揉捻⇒中揉み⇒中揉⇒精揉。揉捻入れたお茶を再度粗揉機に戻す意味合い、分からなくはないが、その後に再度、中揉みがある。それでは、最初の粗揉でどこまで揉めばいいのか、揉んでいるのか。その辺りの話を聞いても、ピシッと答えが帰って来ない、という事は、多分、このラインでの製造を理解して揉んでいる方が・・・、なのか、と思えてしまったのだが。ただ出口として、尺のあるお茶、という事であるなら、それに向けた製造対応をすすめるべきだろう、というような話をして、またお茶揉んでいる時期に来る事に。
●見えるもの、感じるものを言葉にして、それを相互の意見交換の中で形にしていく必要性。それが普及員の役割かと。ただ、そのためには、見えて、感じなくてはいけない。それはいつまでも経験を積み重ねて行くしかないだけど。などと思いながら、豪雨となった中を事務所へ戻る、なり。
●帰り道も歩いていると風と雨でグシャグシャ。月曜日からこれでは気持ちも萎えますが、明日から天気も回復するようなので、頑張りまっしょ。明日は、静岡茶市場で初取引です。
●相変わらず、変な新商品を買う癖が抜けない。温泉卵チップス、そして、かき醤油じゃがりこ。温泉卵は、うーん温泉卵だなぁ、と感じる味わい。意外と食べれます。じゃがりこは、これでいいかな、という具合かな。
qqq1.jpg
□こういう買い物をするので痩せないんだ、と言い訳。
●今日の一冊。青木幸子[作]『茶柱倶楽部⑦』【2015年,㈱芳文社,\619+税】。今回の巻、内容は相変わらずですが、最後に主人公が来年の秋に行うと宣言した「日本茶の祭り」、果たしてそれは、何を意味しているのか。そして静岡県が行っている「世界お茶まつり」の意味合いは何なのか、真剣に考えるべきだと思う。本物を残さなくてはいけない、場であり、技術であり、歴史であり、そして、それらを伝える言葉、人、場、全てを真剣に思い、真剣に形にしなくてはいけないと思う。お茶は感動できる飲みものなのだから。
IMG_0003_2015042020295881f.jpg
[ 2015/04/20 ] お茶 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/859-6701d33e