FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2015年4月5日(日) 雨降りですなぁ

●今日は朝から雨降り。車に積みっ放しの川根本町での持ち出し荷物の処理をボチボチ。本とか、置く場所がないし、今度の職場には持って行く場所がない。まぁ、どこか使う場面が出てくるだろう、今後。
●仕事としてやってきた場を異動すると、新しい場をつくらなくては、という気持ちと共に、前の場への確実な遠慮が発生する。結局、自身の後には後任がいて、仕事としてその場へ入っている訳で、そんな意味で、過去の場については、最低限のつながりだけで、基本仕事しての対応は避けてきている(情報的収集は別であるが)。自身の性格もあるのだが、目の前の事に全力投球、他への配慮が下手、という事実。
●それを考えると早く、新しい場にポジションをつくらないと、いる場所がない、という感覚になってしまうだろう。難しいなぁ、色々な事が。
●傭兵は場がなければ、何の役にも立たない。そんな意味では、使ってくれる人による、という事になるのでしょうか。それを選ぶ権利は傭兵側にはないのですが。さて、明日からも現場だ。
●お昼は子供と一緒に久々に「来来亭」へ。ワンタン麺食べました。チャーシュー麺とかワンタン麺とか、昭和の時代のメニューに何故か惹かれるのだなぁ。やはり、歳。お腹パンパンです。
e1_20150405135958d90.jpg
□ネギたっぷりも嬉しい。
●久々に車を動かした。31日以来なので5日ぶり。エンジンが掛るか心配だったが、そこは大丈夫のようで。ただ、ほとんど乗らなくなるので一週間に一度はエンジンを回す日をつくってやらないといけないなぁ、と思う。
●N村さんとの統計飲み会で使わせてもらっていた清水のSのママから連絡があり、お店を閉じるとの事。せっかく、美味しく、居心地のよいお店だったのに、大変残念。でも、ママが結婚を機に、との事で、そこは祝福する事なんですが。今月の26日までのとの事。それまでに御挨拶に伺わなくては。
●今日の一冊。村松友視[著]『銀座の喫茶店ものがたり』【2015年,㈱文藝春秋,\660+税】。著者の「み」の字が変換されない。「示」と「見」の組み合わせが正しいのだが。銀座でお茶する、という古い言葉を引くと、何だか高級感漂うな感じを受ける。実際に仕事で銀座にある複数の喫茶店(日本茶、紅茶、中国茶)を回った事もあるが、それはそれで楽しいものであった。何だか時代なのか、喫茶店でのんびりする、という昭和の雰囲気はなくなっているのだが、もっと時間に余裕を持った生活をするべきではないか、と思うばかり。歳もとったし、のんびり行こう、で色々と考えたい。この本自体は、喫茶を追求したものでもなく、お店の紹介エピソード的なもの。そんな軽さも、行ってみてもいいなぁ、と思う店が何軒もあるだけ、いいのだろう。
IMG_0001_201504040613560ef.jpg
[ 2015/04/05 ] お茶 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/844-c893e84e