FC2ブログ

2013年3月23日(土) 異動?出向?

●昨日の異動発表、異動ではない、出向。あくまで今の事務所に籍を置いたまま出向で川根本町で仕事をする、という事。ただ事務所の仕事をする訳ではなく、川根本町の仕事をする。そこは本来線が引かれるべき事だとおもうのだが、意外と曖昧。それでも、川根茶の真髄を見出し、それを技術体系化するために努力はおしまないつもりでいる、というか、自分の知りたいという個人的な気持ちだけで動いているようなもので\(゜ロ\)(/ロ゜)/。事務所の当課では、今回、私ともう一人のお茶担当が外へ出るという形となったが、後任もしっかりしたメンバーが来てくれたので、立つ鳥あとを濁しまくりで異動する予定(-_-)/~~~ピシー!ピシー!。来週はとりあえず引継ぎしっかりやって、心おきなく川根本町へ行かせて頂きます。。
●川根本町で何をやるのか、正式にはこれから伝えられるのであろうが、自分に出来る事しかやれないので、気負わず、努めようと思っています。
●今日は家庭の事情で外へ出られず怠業。
●茶研のセンター長の退職祝い会&川根本町のお亡くなりなった名人の御通夜、どちらも出られなくて申し訳ない感情<(_ _)>。
●今日の一冊。菊沢喜八郎著『葉の寿命の生態学』【2005年,共立出版㈱,¥3,500+税】。葉を扱う仕事している、また葉の栄養系窒素について、という事で購入。Nの在り方、葉寿命、光合成との関係、勉強になる本です。一方で茶樹の葉の在り方に直結するかというと?なので、それはやはり自分達がきっちりと考えなくてはいけない事だと思うのだが。これもNMさんから東北大の彦坂先生の話を聞いての購入だったと思う。多分茶試時代。窒素多寡の葉寿命の短縮、やはりNメインの考え方が視点の切り替えを求めているのか?
IMG_0009.jpg
[ 2013/03/23 ] 植物 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/81-4ec6959f