FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

2015年2月19日(水) 子供対応で静岡にいる一日

●今日は子供の遠足(薩った峠を登る?歩く?)対応で、お休みをもらいました。本当は昨日の予定だったのが、雨天気で延期になり、家庭の中での対応にも影響が出て。役割分担、色々あるんです。
●仕事もジム仕事をこなす日々を過ごしていて、ちょっと煮詰まり。昨日も、今度地名農林業センターへ設置する簡易点滴施肥システムに絡んで、昔の「水理学」の本を引っ張り出したりして。また、併せて気になる降雨と気温の上昇に絡んだ茶園の芽の動き、さてさて。
●品評会出品園のなるべく早い段階での巡回等も行いたいのですが、JA営農担当も確定申告や年度末決算等で動きづらいようで。
●と、まぁ、そんな中、ボチボチと一日を出たり入ったりで過ごす事となります。[7:50]
●出たり入ったりしながら、それでも積んどく本を読んだり。
●夕方、駅まで迎えに行ったけど、到着が遅れて2時間車の中で待機。本読んでたからいいけどね、別に。[18:00]
●元職場の茶研センター土肥研から問い合わせ。7年以上前の分析機のアプリケーションソフトのバックアップの話をされても、記憶の彼方なのですが、と説明していたら、何とか分析機周りにフロッピーDiskあったようで。でも、今更ながら、昔のFDで動くのかな、と思ってしまう。
●今日の一冊。阿刀田高[著]『幻の舟』【1998年,㈱角川書店,\438+税】。信長の築いた安土城。失われたそれに対する幻想は、現存するものより、より夢を描く事となる。歴史視点を持った小説を書く著者の幻想的なイメージが、するすると読ませてしまう。さて、どうしよう。
IMG_0003_201502190759553e3.jpg
[ 2015/02/19 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/798-8f355a9a