FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2015年2月3日(火) 節分、一難去って

●本日は、午前中、向笠会の互評会へ参加させて頂きました。牧之原で大規模経営をされている向笠氏が受け入れた他県を含めた研修生とともに行っている勉強会。声を掛けて頂き、今年で3年目の出席。私自身は、製茶が専門でないのですが、茶業界では誰もが知っている、元国立試験場の深津先生、そして元県立茶業試験場の高橋さん、岸本さん、それにJA清水の技術員の深沢與雄さんと製造・審査のプロの方々出席されて講師役を務めてらしているので気楽に、このお茶は・・・、なんて話をしたり、今年の春先の低温少雨が味わいを淡泊に・・・、なんて言ってみたり。しかし、他県の若い人たちを含めて、とても熱心な勉強会。本当にためになります。
bf1.jpg bf2.jpg
□たくさんのお茶が並びます。
a1_20150203211252a49.jpg□元静岡茶試製茶研究室の高橋研究主幹。変らないなぁ、喋りが。
a3_20150203211253189.jpg a4_20150203211255aa2.jpg
□お茶の互評後に皆で意見交換。深津先生、高橋さん、そして岸本さん。写真がありませんが、JA清水の深沢與さんもいます。
●このレベルの方々の話を聞いて勉強するので、お茶が良くならない訳がない。見るのは三年目ですが、誰ものお茶が進歩しているのを感じました。高橋さんの審査方法や篩分けの考え方等、私も初めて聞く事も多く、勉強になります。
●午後もまだまだ深い研修が構成されているのですが、午後から役場で打合せのため泣く泣く退散。残念。
●それでも役場に戻れば一つの朗報が。とりあえず、月末、KKKS、川根本町には来ない、という事で。一難去って、の状態にはなりました。又一難とならない事を祈るばかり。
●午後打合せも年度内、そして新年度での取り組みや展開を踏まえての話が深く、そして議論の下、考える事多々ありですが、少しでも、一歩でも前へ進まないといけません。
●KKKS、来町を外れただけでも嬉しい。今日だけは、ホッと一息、させてもらいます。
●帰り際に、昔、牧之原を担当していた時にお世話になっていた茶農家さんの訃報を知りました。残念です(T_T)。
●今日の一冊。杉浦日向子[著]『4時のおやつ』【2006年,㈱新潮社,\514+税】。仕事をしていて夕方が近づくと小腹が空いてきます。それでもやはり仕事中、堂々とおやつを食べる訳にはいかないのですが。作者の視点、そしてその道具として出てくるおやつが、また話にぴったりで。読み返して思うのは、まだまだ書いて頂いて色々な本をお読みしたかった。
IMG_20150203214608a06.jpg
[ 2015/02/03 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/782-129e6e91