FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

2014年11月9日(日) 大人しく過ごすなり

●日曜日、で雨。大人しく過ごし、とりあえず喉咳を治したい。
●先日、購入した「冠茶」は、値段の割には、・・・、と言いましたが、併せて買った「生姜炭酸」は、生姜だなぁ、と。喉には効きそうな感じがしました。そして買い控えた「希少珈琲」も買ってみましたが、コーヒー良く分からないのもあるのですが、そんなに美味いか、と言われれば、たいした事ないじゃん、て感じ。いまだにコーヒーのベストは、神戸のUCCコーヒー博物館で飲んだのが一番だなぁ。
20141107122202_201411090145051a1.jpg 20141107122218_2014110901450880b.jpg
□結局、希少糖を使っているから、なのだろうか、この名称?
●買っている金魚が死んだ、と騒ぐ家族。生き物は死ぬものである。
●11月は各種イベントが休日に開催されている模様であるが、とりあえず、身体の回復に努める。
●奥さんに買い物の荷物持ちを命令される。家にいると如何にもさぼっているようなのだが、心身の健康回復に努めているのだが。外にはそう見えないが悲しい。
●伊勢丹のリニューアルした地下食品売り場を見学。築地東頭買おうか迷ったが、石部さんもいないし、やめる。奥さんは「おんな泣かせ純米吟醸」の特売を見つけ、購入。4合瓶であるが。
F1000007.jpg F1000008.jpg F1000009.jpg F1000010.jpg
□「おんな泣かせ純米大吟醸4合瓶」。2100円+消費税。しかし、この設定、2000円の消費税(5%)に更に8%消費税を掛けた値段のように思えるのだが。
●相変わらず、治らない喉咳。つらい。
●実態はおいておいて、妄想を含めて、こんなDVDで美味しいモノを食べた気になる。寺門ジモン、食の神である。
IMG_0007_20141109185706dba.jpg IMG_0008_20141109185707172.jpg
□このシリーズ、たまらなく好きである。
●今日の一冊。宮田親平[著]『毒ガスと科学者』【1996年,㈱文藝春秋,\?】。カバー喪失。大学の時に化学分析系の研究室にいたので、その頃に国分寺駅前の古本屋で購入した記憶だったのだけど、発行年と付け合わせると合わない。サリンと言う言葉をオウム事件の前に知っていた記憶があるのだが、記憶の錯誤なんだろうか。内容的にはドイツで開発されたマスタードガスから始まる毒性薬品の歴史。化学的視点からは知っておくべきだし、勉強になる。一方で、そこにオウム事件が絡むと、・・・、となってしまうのだが。知は必要、しかし、使用者には理念が求められる。
IMG_0001_20141109104137c75.jpg

[ 2014/11/09 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/688-e10a2308