FC2ブログ

2014年8月17日(日) 夏なんだから暑いのは当たり前か

●今日は日曜日。お休み。朝から暑い日だ。息子が蹴飛ばして扇風機を破壊したので余計に暑い。エコだとかでなかなかエアコンを入れない精神、正しいかもしれないが、健康には悪いと思う。
●とはいえ、破壊された代用の扇風機を命令により近所のコジマ電気へ購入しに。最安値より1ランク上のリモコン付き扇風機を買う。ついでに、人間ドックで散々言われた血圧計も購入。これは手首巻きの最安値のものを。二の腕巻の方が正確みたいだけど値段が倍。
F1004094.jpg F1004093.jpg
□計測機器、と思うと測定も楽しい。数字的には最低血圧が高い傾向だが、最高はギリギリ適正範囲に。複数回図っても130台前半で平均値が収まるので、これは絶対納豆効果だと自分では思っている(6月には白衣血圧で160台だったからな)。とはいえ、買ったからには毎日測ろう。
●先日、酔っぱらった帰りに自動販売機で買った「Dr.ペッパー」。この薬臭いフレバーの感じ、最近、コンビニ等では全く見る機会もないのだが、自動販売機でたま~~に見かける。つい買ってしまう。
F1004087.jpg□久しぶりに飲むと、しばらくはいいなぁ、と思う。
●次の職場の事なんか考えても先ないのですが、結局川根で身に付けた技術もこの先異動していく中で役に立つ職場というのはほとんどないんだろうなぁ、という思い。かといって、川根へずっといる形でもなし。昔、茶業試験場には普及課という研究と現場普及をつなぐ専門技術員が所属する部署があり、現場の技術問題解決や緊急災害対応、現場指導等を県域でやっていて。今はそれがなくなり、お城の中へ一人専技を置くような形になったのだけど、それは昔の普及課とは全く異なるお城の中のお殿様のための事務対応で。静岡県の山間地茶業がうんぬん、というのであれば、そんな技術職員(研究職員ではなくてもいいので)を複数試験場や山間地駐在等において対応させるべきではないのかな、と思うのですが。まぁ、そんな事を考える人はお城の中には一人もいないだろうから、実現する事はない、と思うが、そんな職場なら行ってもいいと個人的に思う。
●技術というのは、職人の感覚技を一般人が理解できる普及技術に置き換えをする必要があり、それは職人本人はなかなか難しい(農業で言う所謂篤農家技術)。そう考えると、それを理解し、翻訳、言葉にする人が必要な訳で。今の出先の普及指導員にそれが出来るか、といえば、まぁ、ほぼ無理だろうな、と思う。そんな意味で、静岡県茶業を思えば、そんな人材をどこかの部署で育成するしかないと思う。私の上の世代にはそれに対応できる人が複数いたのだが。私の下の世代は、お茶の普及指導員自体がほとんどいないし、更に技術をやろう、なんて思うのは、・・・、だろう。そんな意味で自身が先々には遺物的存在になるのは明らかで。
●明日は歯医者がある。食べにくかった左下、これでご飯が美味しくなるかな。
●今日の一冊。アキリ[作]『ストレッチ②』【2014年,㈱小学館,\648+税】。内容は深刻なのか逆なのか。とりあえず、酔っパラっても泣いていても、ストレッチで身体づくりをする主人公たちには好感がもてます。物語的にはどうなんだろう、と思いますが。やはり関節と筋を押さえた身体づくりが必要だなぁ、と思います。
IMG_0001_2014081614555197a.jpg
[ 2014/08/17 ] コミック | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/599-ccdaf7ab