FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

2014年7月16日(水) 週の真ん中、水曜日、だす

●本日は五月の休日出勤の振替(代休)でお休みしてます。色々な片付けや整理を。庭の草取りも。
●就職後、お茶担当になり20数年。毎年の事なので既に気にも止めない(あきらめている?)のですが、4-5月の土日祭日出勤の振替休日制度。どう考えても、休みの日に出たから他の平日に休め(前4週、後8週の中で)、が実行できるとは思えなく、また実行できてない。毎年5-7日は消えてしまう振替休日。お茶時期に仕事をするのが嫌、という事では全くなく(逆に嬉々として出ているのだが)、何というか、制度としてもう少し何とかならないのかな、と思うばかり。そんな状態なので、お茶でやっていこうという若い職員もいなくなる、一つの要因なのかと思ってしまう。
●寺門ジモンが好きである。というか、彼の語る食蘊蓄であったり、お店であったり、料理であったりが好きなのである。そんなんで、また買ってしまった「常連めしSecondSeason」。キッチン南海本店、平松洋子さんのエッセイにも出ていたのでは、と本棚を物色してしまったり。言葉と映像がつながる嬉しさがあります。
IMG_0003_2014071607542943e.jpg IMG_0004_201407160754327e3.jpg
□生きているうちに、お店があるうちに、行ってみたい所ばかり。
●近所のお惣菜屋へお使いに行ったら、田んぼに鳥発見。合鴨農法ではないので、おそらく、何かエサがあるのでしょう。しかし、稲を踏まずに歩くのだからえらいよな。
F1003859.jpg
●本日、先輩の訃報を伝えられて。前の職場で一緒に仕事をさせていただいた方で、私と全く正反対のキチッと仕事をやられる方でした。農業普及という仕事への視点も方向性、やり方も全く異なっていましたが、私自身は先輩のやり方がおそらく今後の農業普及のあり方なんだろう、と思っていたし、尊敬していました。仲間意識も持ってもらっていて、一緒に前を向いた仕事が出来ていた頃でした。農業職、しかもお茶の仕事ですから、また一緒にやらせてもらえる時が来ると思っていたのですが。御冥福を御祈りするばかりです。
●身近な方の訃報は心を傷めます。悲しい(T_T)。
●今日の一冊。北村薫[著]『読まずにはいられない』【2012年,㈱新潮社,\1,700+税】。結局買ってしまう。まだ買ったばかりの本も読み切れてないのに。著者の文章は、短くても濃密で行間が深く読めてしまうため、通常より読むのに時間がかかってしまう。それなのに。現在4冊ストック中。でも、美味しい本だから、楽しまないと損。
IMG_0009_20140716075432b88.jpg
[ 2014/07/16 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/566-bf0941cf