FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2014年7月5日(土) 行ってみたけど、・・・、雨

●今朝は月曜日の支度関連もあるし、芽茶も気になってしょうがないし、天気も朝は何とか持ちそうな予報が入っていたので、通常の通勤時間で家を出発で地名へ。島田に入った辺りからザンザカ雨が降ってきて、結局、地名へ着いたら大雨でした(>_<)。
F1003773.jpg
□雨の地名だす(ToT)。これでは茶摘みができん。
●茶摘みはできません。とりあえず、月曜日の参考展示のお茶の袋分けをします。香駿釜炒り茶。これは全品へ出すには量が足りないため、仕掛けをして参考出品を狙ったのですが、それもダメ、と言われてしまったので、町外展示販売会(9月11日に静岡茶市場で実施調整中)で展示販売を行う予定。もう一つは、同じ香駿茶葉を使用して製造した釜伸茶。釜炒りしたものを伸び茶にしています。色々と試行錯誤中。
a1_201407051307592bf.jpg a2_201407051308009f0.jpg
□香駿の釜炒り茶。香駿は本当に釜炒り向きの品種だと毎回作っていて思う。でも、品評会審査には厳しいんだよな。
a3_20140705130802aeb.jpg a4_20140705130803ce9.jpg
□香駿の釜伸び茶。釜香が強く出ていて、香駿らしさには欠けるかな。でも面白い。
●これらの袋詰め替えした後、のんびり、昨日摘んで、萎凋処理して一晩静置萎凋させた芽茶の殺青・乾燥処理を行いました。静7132とべにふうき。べにふうきは本日発酵処理もしてみました。
b1_201407051316019b4.jpg b4_20140705131958b92.jpg
□写真左が静7132。萎凋芽のため、緑が残っています。写真右がべにふうき。発酵させて殺青処理をしてないため、赤っぽくなっています。
●芽茶については、昨日、S園のI社長と色々と話をしたのですが、香気なり味なりに特徴を出せて、包装対応ができるなら商品化もありでは、という方向に。そんな事もあり、萎凋発酵を含めた特徴を持たせられるような製造法につなげたい、とは思っているのですが。作業的には手摘み作業だけ大変で、後は釜炒り以上に暇なお茶づくり。あり、では、と思っていますが。
●そんな作業の合間に、昨年度つくった品評会入茶の一煎茶パックが吸湿臭がして使えなくっていたので、再火乾燥(秘密兵器使用)を試してみる。
F1003781.jpg F1003782.jpg
□何度見ても素晴らしいお茶です。外観的には吸湿感ないのですが。再火して飲んでみましたが、全然大丈夫に。最近、S室長がワイングラスを使っての飲み方提案をしていますが、良いなぁ、と思います。
●とりあえずの作業は一段落して。本当は今日追加摘みして、また色々と試す予定だったのですが、激しい雨のためお茶を摘む状況ではなく、午前中で切り上げて帰宅。帰り路が混み混みで嫌になってしまいましたが。
●2週間前に植えたインゲンとオクラが芽を出し、開葉を始めていました。インゲンはつる性なのでネットを準備しました。
F1003785.jpg F1003786.jpg
□写真左がインゲン、写真右がオクラ。やはり実物を育てると張り合いがあるなぁ。
●今日の一冊。寺門ジモン[原作]刀森尊[漫画]『神の焼き肉-ネイチャージモン肉セレクション①-』【2013年,㈱講談社,\562+税】。最近、納豆漬で暮らしているので、時々ふっと「肉食いてぇぇ」と思う時がある。そんな時は、肉神様のネイチャージモンのこの漫画を読んで、エア肉食いで我慢。でも、寺門ジモンの紹介するこれらのお店、一度行ってみたいな。
IMG_20140705133823f74.jpg

[ 2014/07/05 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/555-7c44d62e