FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2014年7月2日(水) 地名で色々やってみる

●本日は、萎凋釜炒り茶製造と白葉茶紅茶づくりと白葉茶そのまんま茶づくり、と地名でやる仕事がてんこ盛り。
●とりあえず、朝、昨日簡易萎凋処理した「おくひかり」の様子を確認。萎凋らしい香りが立っておらず、イラっとして揺青したら香りが発酵に移行し始めてしまって(>_<)。とりあえず、静置。
F1003733.jpg F1003734.jpg
□朝の「おくひかり」の様子。やはり露っ葉だった事が萎凋に影響しているのかな、と思う次第。
●役場へ顔を出して、昨日の送りつけメール等の返信不安のため事務確認等をして、また地名へ戻る。
●二番茶で白葉茶。これは機械摘みで紅茶製造になるのですが、一部手摘みをしてそのまんま茶の製造も並行作業。
F1003742.jpg F1003743.jpg
□裾が葉ずれ焼け起してます。奥芽の白葉化が強いので手摘みで拾い摘みしてもらって。被覆境、生育も色もこんなに違います。
F1003745.jpg F1003746.jpg
□一芯2葉で拾い摘みしてもらった白葉茶芽。5人工で20分やってもらって生葉量600gでした。
●それを秘密兵器で殺青・乾燥させました。下色が白のため、赤がさすんですね。摘んだ時の傷(萎凋?)なのか、熱効果なのか。しかし焦げは全くないし。殺青不足の梅干し臭もしないし。一方で乾燥過程でアミノ酸臭がプンプンしていてちょっと胸焼け気分でした。
F1003757.jpg F1003758.jpg
□乾燥状態はこんな感じ。やはり白葉化が完全でないため、どうしても乾燥すると緑が強くなります。一芯1葉摘みしかないのかな。
●紅茶づくりは簡易萎凋処理後、静置し、明日発酵処理を行い、乾燥まで。
●そんな途中に現地の自力作業道整備の現地確認作業を手伝いに。そうしたら、目の前を機関車トーマスが走っていました。大井川鉄道で今月12日から、トーマスが走ります。今日はプレス用の試運転のようです。
F1003755.jpg
●7月7日に東京で行われる静岡県人会の会合の場で、川根茶の呈茶が行われるため、そこで使用するお茶(昨年の全品一等2席のお茶)を朝詰め替えをしていたら、何となく香気が気になり、役場で試飲。そうしたら、あまりの美味さに、お茶に酔ってしまいました。作り立ての荒々しさが完全に抜け、嫌なところが全くない、それでも新茶の香味も持つ、神のお茶に変っていました。理由つけて試飲して良かった。
F1003735.jpg F1003759.jpg
□お茶の熟成、てあります。ただ熟成できるだけのボディーが必要ですが。そのお茶をワイングラスで飲む川根スタイル。1gのお茶を一煎目は水出しで、ゴールデンドロップを含めたお茶の粋を感じ、二煎目以降はお湯出しで、お茶の凄さを味わう。川根茶、やっぱり凄い。
●明日は紅茶づくり。ついでに白葉茶ではなく、白茶づくりも検討する予定。
●おくひかり釜炒り茶、結局、釜炒り茶普通になってしまった。熟成させれば香味変化あるかな。とりあえず、釜炒り茶製造上の温度設定等の問題はなし、でOK。
●今日の一冊。泉昌之[作]『食の軍師③』【2013年,㈱日本文芸社,\590+税】。食へのこだわり、それに尽きる。絵柄やくだらないギャグ、展開は置いておいて、食へのこだわり、それは理解できる本です。
IMG_0004_20140701222158c00.jpg

[ 2014/07/02 ] 食・酒 | TB(0) | CM(2)

トーマス!

こんにちは。

娘が小さい時トーマス好きだったので、私も方々へ見に行きました。

実物大が走っているとやっぱりとんでもないインパクトですね。正直言うと…怖い…。
[ 2014/07/03 08:56 ] [ 編集 ]

そうなんです

さらに、このトーマス、目が動くんです。これはメディア用の先行試運転だったのですが、突然踏切待ちしていたら、目の前をトーマスが走って行ったのに、マジびっくりでした。千頭の駅には、もう一台、ヒロというやはりトーマスに出てくる日本製の機関車があり、これまた顔が、・・・。
[ 2014/07/03 22:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/552-5baacd51