FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2014年6月11日(水) 技術を考える

●昨日、エビ味が気になり、その前に処理していた「さわみずか主体」の日干⇒萎凋(軽く)⇒一晩静置⇒乾燥のお茶を呑んでみる。これは甘い、美味しい。四煎目位で少し、茎の殺青不足を感じなくもなかったが、べにエビに比べれば格段良い。という事は、エビ発生は含水率、て事かい。というか、水分。温度を掛けない乾燥なら、エビは発生しない。それは当たり前? 結局、殺青しきれない酵素が茶芽温度が上がった事で暴走したと判断するべきなんだろう。そうするとギリギリの適温があるという事か。何℃までならいいの? そんなネタがまた転がって来て。
d0.jpg d1.jpg
□写真左の右の緑のお茶が今回用いた「さわみずか主」。左のお茶は、同様に一晩静置した「べに後芽」。これも美味しかった。中国茶器に目一杯詰め込んで淹れみる。
d2.jpg d3.jpg
□水色は綺麗な透明青黄色。味わいは甘い、美味しい。茶殻はいわゆる紅3緑7か。でもウーロンではないんだなぁ。あくまで弱発酵という判断?
●そんなこんなで今日も朝から地名で仕込みしています。
【ミス】6月11日が2分割され、同じような内容が入っているのは、こちらの記事を先に書いた記憶が飛んで、もう一つの方を作成してしまったから。でも今更なので、残して、反省します<(_ _)>。
[ 2014/06/11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/527-839f7f48