FC2ブログ
2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10

2014年4月20日(日) 川根本町献茶式【in川根本町千頭:音戯の郷】

●本日は、川根本町献茶式が川根本町千頭の「音戯の郷」を会場に行われました。雨降りが心配だったのですが(屋外イベントのため)、準備の時に少々のパラつきはあったものの無事雨に降られる事なく終了。今年の川根茶に期待。「川根茶魂」に誓い、また、神様よろしくお願いします。
a5.jpg
□「川根茶魂」の柱。これが川根茶づくりの心意気
a1_201404201526078d3.jpg a2_2014042015260928d.jpg
a3_20140420152610701.jpg a6.jpg
□関係者一同の下、神事がしめやかに執り行われました。
a4_20140420152611fdb.jpg a7.jpg
□そして、これが昨日摘まれ、手揉み保存会の方々により揉まれ、本日献上された手揉み新茶です。
●天気もクリアし、今年のお茶も頑張れるような気になります。
●とはいえ、片付けをし、午後に掛かると雨がポツリポツリ。寒い。これで気温さえ上がれば、芽は一気にくるのでしょうが。明日から期待です。
●「音戯の郷」という施設のため、こんなものが広場に。この蛇口を回すと、面白い音を奏でてくれます。また、会場では手揉み保存会による手揉みの実演が行われていました。手でお茶にしていく、というのはやはり素晴らしい技能だと思います。
F1002983.jpg a8.jpg
●結局、半日仕事で終了。とはいえ、通勤に時間が掛かる為、帰宅は夕方。明日から茶工場掃除に始まり、週末には製造が始まります。楽しみでもあり、苦しみでもあり。しかし、悩むからこそ生まれ出るモノもあるので。とはいえ、そんな前向きな事とは違う事で外圧がありそうで。そうしたら、つぶれるなぁ。
●朝、寒い中出発。雨は嬉しいけど、気温が昨日今日と上がらないのが困ったものだ。朝の地名も一ケタ台だし。
F1002981.jpg
□折角雨があっても9℃では(>_<)(朝の地名で)
●今日の一冊。影山直美[作]『湘南いそいそ家飲み日記』【2014年,㈱KADOKAWA,¥1,000+税】。酒のアテを自身でつくる、そして、これを読むと湘南は海辺の町なんだなぁ、と感嘆する。お茶やっている最中は基本、呑まないを身上にしていますが、頭ではこんな本を読んで、美味そうだな、これと一緒にあのお酒を呑んだら最高だなぁ、とか考えているのですが。しかし、今日の神事ではありませんが、お茶に対しては常に真摯に向かい合って行きたいと思っています。良い、そして気持ちが嬉しくなるお茶を揉んでいきたいです。
IMG_0005_20140420155029670.jpg
[ 2014/04/20 ] 食・酒 | TB(0) | CM(2)

大和茶

子どもの行った小学校では、地元の茶園に伺って茶摘み&茶もみ体験の授業がありました。

恥ずかしながら、お茶って手で揉むものなんだ!ということを子供に教えられた、もの知らずの親です。

子どものあったかい手で揉まれすぎた新茶はそれでも美味しかったですが、保存会の方の手つきはさすがですね。
[ 2014/04/21 08:18 ] [ 編集 ]

大和茶なんですね

奈良県の方なんですね。
京都、奈良。玉露、かぶせ、てん茶等、静岡ではあまりつくられないお茶がつくられていますね。
私は機械揉み専門で、手揉みはほぼできません。
お茶の機械は、手揉みのお茶揉みの仕組みをそのまま機械化しただけなので、機械で揉んでいても、お茶にふれてお茶の変化を追わないとなかなか良いお茶ができません。
名人のつくる手揉み茶は、本当に一芽(一心二葉)がそのまま針のように細いまっすぐなお茶になり、それをお湯で出すと、そのまま芽が開いてくるという素晴らしいモノだそうで(私もそのクラスのものを見た事がないので伝聞)。
茶産地の学校では、授業にお茶の勉強を入れてくれているので大変ありがたいです。
ペットボトルは手軽ですが、是非、リーフのお茶を急須で淹れて飲んでいただけますよう、よろしくお願いします<(_ _)>。
[ 2014/04/21 17:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/475-fdf05189