FC2ブログ
2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10

2014年4月3日(木) 俺は事務屋だ(>_<)

●本日も通勤経路の茶園を確認。昨年の同日に比べても明らかに遅い。今年はやっぱり平年位だなぁ、と今の時点で思っています。今日も朝はポツリ。そして帰りはザァザァ。雨は十分にあります。この状態に液肥を上手に使うとよいお茶になると思うのだけど。
F1002750.jpg
F1002751.jpg
F1002752.jpg
□本日平成26年4月3日、茶芽の状態は萌芽過ぎですね。
cha2_20130403212015_2014040121140864e.jpg
□そして、昨年の平成25年4月3日、同日の状況。1.2葉開葉期位。差がある。
●やはり、3月の気温、特に朝晩の冷え込みが抑制に働いているんでしょうね。雨は昨年より、絶対的に十分。その点について施肥の工夫は皆さんされているのかなぁ。それにしても、朝の気温が高くなりました。
F1002753.jpg
□今朝の地名は12℃。土日月が冷え込むみたいですが。
●就業時間外はお茶に気持ちが向かっているのですが、就業時間中は「俺は事務屋だ。事務屋のプロになるんだ」(お前は虎だ、虎になるんだ、のタイガーマスクのパロ)と自己催眠をかけて、気持ちつぶれないようにしていますが、やはりそちらの方面の能力がないので、気持ちも低下するばかり。だいたい前を向いた仕事でない事がいかんなぁ。今日、元職場の課長と班長、そして新採の子があいさつ回りに来てくれましたが、私は事務屋なので技術的な事は農林事務所の方にお任せします、と自虐的な事を言ってしまいました。さげ(>_<)。
●お茶を揉む時の気持ちは、触っている手で全身全霊お茶を感じて、お茶がどうしてもらいたいかを聞きながら、お茶と会話しながら、気持ちをささげて揉んでいる、のですが、これってすごく身体も心も消耗する。特に良いお茶ほど、そうなので、体調も気持ちも品評会製造に向けてつくっていかなくてはいけないのだけど、今年はそれが難しい状況。本当に身体と心つくれなければ、お茶に失礼なので、製造に関わってはいけないんだよね。
●そんなマイナスマイナスが高まる毎日、つらいものがあります。
●明日も会議2つに移動距離も長くドタバタです(>_<)。
●今日の一冊。星新一[著]『きまぐれ星のメモ』【2004年,㈱角川書店,¥630,kindle版】。小学校低学年の頃から古本屋巡りをして、星新一の本を買い漁っていました。読書の基本が多分、星新一でできているんだろうなぁ、と思っています。ほぼ全部(単行本も含めて)そろえていましたが、実家の火事で全焼。久しぶりにkindeleで見つけたので、読み返しをと購入。初?エッセイの当書は今の時代から見ると古い内容ですが、著者の先見性と鋭い視点が垣間見られる、やはり素晴らしい人だったんだ、と思います。自身の好きな作家のベスト3に必ず入る方です。作家で好きなのは、北村薫、明石散人、栗本薫、田中芳樹、夢枕獏等等。評論家では、小林秀雄、亀井勝一郎かなぁ。本は雑読み。最近、なかなか新規開拓が進みません。
41XrUfF5+UL__AA278_PIkin4,BottomRight,-41,22_AA300_SH20_OU09_
[ 2014/04/03 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/458-5d96b0e6