FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2014年2月24日(月) ペットボトル

●今日も朝から冷え込みが。茶園の降霜の割には温度はそれほどでもなかったのですが。
F1002580.jpg F1002579.jpg
●職場では、先日の東京視察の復命書を書きながら、内容を反芻し、さて今後どうしてこうか、と考える。色々とやりたいけど、やるのは私ではない。どれだけ自身の事として考えてもらえるか。地名でお茶つくってしまうのが一番楽なんだけど。
●川根産一番茶の「こだわりの贅沢緑茶」ペットボトル(1本136円)なるものが、サークルKで地域限定で出ているようで。色合いは確かにそれらしいのですが、味は、・・・、うすい。しかし、ペットボトルという視点で考えれば正しいのかもしれない。ただ、これが贅沢なら、100g3000円の手摘み川根茶10gで水出し茶1㍑作って飲む方がどれだけ味が贅沢か、と思う。
F1002581.jpg F1002582.jpg F1002583.jpg
●明日は元職場へ月に一度の月例報告してから、川根へ。そろそろ行き先、示されるのかな。
●今日の一冊。増田俊也[作]原田久仁信[画]『KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか 0巻/1巻/2巻』【2013-14年,㈱双葉社,¥600+税】。プロレス好きでした。時代的に新日本プロレス、アントニオ猪木、タイガーマスク、フェイクと知りながらも楽しんでいた時代。そんな中で格闘技の世界で、最高の強さとは何か、を追及している人々。強いとはどういう事なのか。そんな意味で、プロレス王の力道山と無敵の柔道家鬼の木村の闘い、なぜ木村政彦は負けたのか、なぜ八百長を受け入れたのか、彼にとって真の強さとは何だったのか。そんな事がこれを読み続ける事で分かって来るのかなぁ、と。人が描けている話は、何にしても面白い。
IMG_0001_2014022421034587e.jpg IMG_0002_2014022421034752d.jpg IMG_0003_20140224210350950.jpg
[ 2014/02/24 ] コミック | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/420-ba384e69