FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2014年2月7日(金) 雪に備えて

●今日は朝寒くてなかなか起きれなかったのだけど。それでも地名まで来て外気温を見ればこんなもの?体感はもっと寒いのだけど、風邪?
F1002505.jpg
●午前中は、やはり奥の茶商さんと関係生産組織の方と連携を模索した話し合い、今後の方向、何をしなくてはいけないのか、という意見交換。やるしかない、やらないならやめる事を前提にしてかなくてはいけない。煽りではなく、それだけ実態が切実だということで。そのくらいの気持ちで平成26年はやっていかないといけない、真剣にそう思う。
●そんな一方で、切干芋をつくったから、と持ち込んでくれた生産者が。色どりがきれいで。早く食べてみないと。
F1002506.jpg
●林業室の方で展開を図っているジビエ肉。来週のイベント用に室長が島田のレストランへ持ち込むとのこと。多様な部位があるんだなぁ、と。メゾンナカミチ、またやりたいなぁ。食べたいなぁ。
F1002507.jpg
●日本茶インストラクターの今年度分の会費納入通知書が届いて。本当の幽霊会員なのですが、会費だけは納めています。やめるのも決断だけどと思わなくはないのですが。とりあえず、今日振り込み。
●今夜は雪模様のようですが、今の段階だと本当に降るのかな?という感じ。でも、少し遅くまで起きて降雪の様子を見てみようかな、と静岡県人ぽい思考をしてしまう。
●明日は炬燵で雪見酒かぁ。
●今日の一冊。寺島令子[作]『うは「うどん会」のう』【2013年,朝日新聞出版,¥952+税】。うどんが好きである。そばとうどん、と言うと、そばは蕎麦と気取った感じになるし、食べていてもちょっと色々考えてしまったりする。一方で、うどんは、うどんだし、饂飩とはあんまり書かない。それに駅の立ち食いうどんが大好きで、あんなもんで十分と思えるシチュエーションが貧乏くさいのがまた良かったりするのだが。数年前に夏によく手打ちうどんをつくって家族で食べていた時期があった。多分つくるのに飽きてしまったのでやってないのだけど、あれはあれで、手抜きうどんでしたが美味かったなぁ。そんなうどんネタでこまか~く情報を描き込んでくれる作者の本は、やはり面白い。また、うどんが打ちたくなってきた。温かくなったら、またやろう。
IMG_0001_20140207210605cfc.jpg

[ 2014/02/07 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/403-902d775a