FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2014年1月31日(金) 一月も終了です

●あっという間に2014年も一ヶ月が過ぎてしまいました。本当にあっという間に。二月はもっと早いのだろうなぁ。
●一昨日の件が色々な波紋を呼んで、色んな方にそれぞれ嫌な思いをさせているとの情報が右から左から。申し訳ない気持ちになる一方、貰い事故だと自分に言い聞かせないと、自分自身の心のダウン症状がひどくなってしまうので。こんな事を反芻していると本当に嫌になってしまう。あー、つまらないぞ。
●そして、本日、「川根時間chezメゾンナカミチ」第4回、そして最終回。申し訳ないのですが、仕事が忙しい同僚にお願いしてしまいました。本当に申し訳ないです。
●そして事務所で事務仕事を進めている最中に、旧の上司(もう18年前の富士の分場時代の話ですが)から問い合わせの電話があり。こんな資料がなくて、多分、富士分場の時に貸した記憶があるって農家さんから言われているけど、覚えているか?というような問い合わせ。かすかな記憶にあったものですが、家に帰り昔の保存資料をひっくり返してみると出てきました(>_<)。
IMG_0005_20140131204313059.jpg IMG_0006_2014013120433939e.jpg
IMG_0007_20140131204348e71.jpg
●大正時代の富士郡茶業組合の講習会資料。肥料関連の記述があり、所有者からお借りしたんだなぁ(>_<)。申し訳ありません。ここでもそんな気持ちでいっぱいになってしまう(>_<)。
●併せて、こんなものも入っていました。
IMG_0004_201401312043105ab.jpg
IMG_0001_201401312043005f8.jpg
IMG_0002_20140131204304ada.jpg
IMG_0003_20140131204307a99.jpg
●大変貴重なものです(+o+)。元の所有者の方に電話をし、対応についてお聞きしたところ、茶業会議所でこれら古い資料を集めているのでそちらへ持って行ってもらいたい旨、お話がありました。そうさせて頂きます。
●一方で、施肥や栽培関連等貴重な内容。何とかして、画像スキャンだけでもしておこうかと。
●しかし、十数年過ぎても記憶、て残っているものです。
●そして、久しぶりの二連休。気持ちもすっきりさせるために、とりあえず、余計な事は忘れます。
●明日はのんびり怠業予定。
●今日の一冊。中谷宇吉郎[著]『「霜柱の研究」について』【2014年購入,Kindle,¥0】。先日、あまりに立派な霜柱を見て、思わず、寺田寅彦先生の愛弟子の中谷先生の題名本をKindleで購入。読んでみると、これが女学生の霜柱に関する実験研究についての先生の考察評価。しかし、読んでみると奥が深く、純粋な「不思議・分からなさ・謎」に興味を持ち、そしてその解明に取り組む。そんな純粋な形での研究、というものが、ここ数日騒がれている「小保方晴子」嬢につながるものがあるのかと。分からないから知りたい。当たり前の事を研究は追求したいし、追求してもらいたい、と思う。
霜柱の研究
[ 2014/01/31 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/396-7b87981c