FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2014年1月28日(火) 話をする事で

●本日も寒かった(>_<)。と思って地名へ行ったのですが。外気温は0℃。あれ?
F1002495.jpg
●しかし、茶株の状態はこんなんで、しっかり氷が葉を囲っていて。
F1002491.jpg F1002492.jpg
●しかし、ハウスの野菜は元気。カブもまたおおきくなったなぁ。食べたい。
F1002493.jpg
●午前中は、茶商さんお伺いして、地域茶業の今後の方向等について悪だくみ、というか戦略持って臨んでいきましょうの意見交換。誰がやるのか、どのようにやるのか、どんなシステムを構築するのか。このような茶業情勢、攻めて行く姿勢を持っていきましょう、という話。そのために次のステップの話を。今考える時という事ですか。
●午後は自園自製の農家さんへ。やはり、担い手、人がいない。その人をどう確保していくのか。仲間はつくれないのか。難しいけど、色々な意見を聞いて、それを少しでも反映させるしかない、と思っていますが。
●そして、メゾンナカミチへ今週31日の第4回『川根時間chezメゾンナカミチ』の食材搬入。中道シェフが川根路に寄れる拠点づくり、そこで出すメニュー、呈茶等、色々と意見を下さります。やれば手ごたえはあると思うのですが。色々な人にこんな話を聞いてもらい、そして、それを川根本町の中で反映させたい。ここでも誰がやるのか、という事は出てくるのですが。
●結局、やる人、やる気のある人、それをどう探しだし、場所を与えるか、なのかなぁ。
●そう思うと自分でやってしまうのが一番楽だと思ってしまう。耕作放棄地なんて、もったいないお化けがでる。
●でも、やはり誰かが意志を持ちやらなければ結局変わらないんだよなぁ。
●そんな気持ちになってしまう、やや鬱。
●今日の一冊。小杉考司・清水裕士[編著]『M-plusとRによる構造方程式モデリング入門』【2014年,㈱北大路書房,¥2,500+税】。回帰分析、構造解析、カテゴリカル、N村氏と統計吞み会やる時にどうモデリングをしていくか、で話をするのですが、この本、まだパラパラですが、当たりかも、と思っています。今の仕事落ち着いたら、ちょっと気を入れて読んでみよう。やはり紙ベースかな、本は。
IMG_201401281943284ea.jpg
[ 2014/01/28 ] 統計 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/393-54fca50d