FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2014年1月23日(木) 茶工房豊好園

●本日は朝から-3℃を示した地名。寒いッス。その上、腰が、・・・、痛い。
F1002488.jpg
●また、明日の持ち込み予定だったメゾンナカミチへの食材搬入が今日になり、仕事の都合で同じ課の同僚に運搬をお願いしてしまいました(>_<)。申し訳ないです<(_ _)>。
●地名ハウス栽培の野菜。カブも丸丸きれいに大きくなっています。
F1002487.jpg F1002489.jpg
●午後からは地名農林業センターの交流施設会議室で、県志太榛原農林事務所企画の「今やらねばセミナー」が開催されました。講演を清水の茶工房豊好園の片平豊氏が来町してやっていただきました。町内20名オーバーの参加で、茶工房の取り組みを聞いた後に意見交換をしたりして、ためになる研修に。
1_20140123220250df4.jpg
□茶工房豊好園、片平豊氏
2_20140123220251b64.jpg
□息子の次郎君が作ったPPで説明
3_2014012322025314e.jpg
□川根本町の生産者、主だった人達が皆そろい。
4_201401232202549f6.jpg
□講演終了後は、3グループに分かれてディスカッション
●豊好園片平氏は、私が県の農業改良普及員になった22年前の時の農家研修先で、お茶のおの字も知らない自分に色々と実践を含め教えて頂いて。それ以来、家族のようにお付き合いさせて頂いています。私がお茶の現場から離れた時もお茶揉みをさせてくれたり。紅茶を作らせてくれたり。いつか清水へ戻って恩返しを。
●夜は、奥の茶工場の方向性検討。色々と様々に問題は発生するので、それをみんなで何とかしないと、と考えて。
●車の運転で座りぱなし、も意外と腰に悪い感じで。お風呂でゆったりし、腰も温め、あとは寝るしか。
●明日の浜松行きがなくなったので、少し自由な時間が取れそうで。たまった事務仕事を。
●今日の一冊。日本茶業技術協会[発行]『茶業研究報告-第116号-』【平成25年12月】。茶研究論文雑誌。一応会員。しかし、研究場面を外れてから研究発表会へ行く事もなく。また、昔と違い、最近の研究報告、面白みが足りないというか、インスパイアされる研究がなされてないというか、とえらそうに言っていますが、外部の人間の戯言で許してもらいたいものです。でも、見て、読んで、面白いなぁ、という研究してもらいたい。そんな意味で今回の報告の中で熊本の坂本さんが書いた「熊本県多良木町槻木における釜炒り茶の製茶法」は釜炒りという視点に対しての興味から喰いつきましたが。坂本さんは多分、清水で普及指導員やっている頃、20年前位に清水茶業技術員会で九州へ視察研修に行った時に案内をしてくれて、夜一杯一緒に飲んだ記憶が。その後、茶研センターにいる時に熊本の試験場で一度お会いしたなぁ。多分、もう向こうは覚えていないんだろうなぁ、と思いつつ、釜炒りつながりで、一度お話を伺いに行きたいなぁ。と思っています。
IMG_201401232223574dc.jpg
[ 2014/01/23 ] お茶 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/388-e86e6c6e