FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

2013年12月17日(火) 蕎麦粉

●本日は朝から調整仕事。電話して電話して電話して電話して。皆様快く承諾いただき、大変ありがたいです。
●その後は会議。今後の川根茶、生産現場どうするのか、どうしていくのか。関係者頭よせ合い、でも実態からなかなか良い知恵が出るものでもありません。でも、悩んだ分だけ、共有化は進む。
●朝の調整電話は、1月に予定する『川根時間chezメゾンナカミチ』の関係。川根本町の素材を活用した素晴らしいコース料理が創作されています。食べたい。でも、スタッフだから、多分食べれない(>_<)。でも、それに向けた調整仕事を年内中に終えないと。
●そこで使用する蕎麦粉を受け取りに「上中農園」へ。丁度、ソバを引いているところだったので写真を撮らせて頂きました。美味しそうな蕎麦粉です。
soba0.jpg soba1.jpg□綺麗な蕎麦の実です
soba2.jpg soba3.jpg□石臼で挽く蕎麦。綺麗な白い一番粉です
●これを使ったデザートがつくられる。どんなモノになるのか。やはり食べたい。
●午後は、その関係の参加者募集チラシをつくる。センスなし(>_<)。
●明日は山は雪のようですが、道路が心配です。
●今日の一冊。Q.Ethan McCallum[著]磯蘭水[監訳]笹井崇司[訳]『バッドデータハンドブック』【2013年,㈱オーム社,¥2,800+税】。データの在り方を問う、そんな本だと理解している。自身の過去データを見返す時、その値の意味合いも含めて、本来すべきでない平均や統計分析処理、そんな中から本質的な解答でないものが導き出されて。それを自身がどう考えるのか。また、データを見直さなくては、そう思います。
IMG_0003_20131216233247de9.jpg
[ 2013/12/17 ] 統計 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/351-6c298a02