FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2013年11月6日(水) 明日から世界お茶まつり2013開幕

●本日も明日からの「世界お茶まつり2013」イベント開幕に向けてドタバタ。当産業課はほぼ総出で4日間毎日対応する形となっていて。個人的には自宅から近い会場であるため、気持ちは楽になるのですが、課の皆様が大変で申し訳ないです。
●最高の川根茶のおもてなし。是非皆様いらっしゃって下さい。今年は積極的に品評会入賞茶の販売も行います。
F1002061.jpg F1002062.jpg
□今年第67回全国茶品評会二等入賞の2点。「つちや農園土屋鉄郎氏」と「高田農園高田智祥氏」。どちらも川根茶を代表する超一流のお茶生産家です。これが四日間日替わりで呈茶されます。7,9日が高田農園、8,10日がつちや農園。という事は一日来るだけでは、どちらかのお茶しか味わえないという事(>_<)。そのため、両者の一煎茶パックは毎日販売しております。ただ、数に限りがありますので、お早めに。
●味わいは、土屋氏のお茶が「まさに山のお茶の香味」を感じさせてくれるなら、高田氏のお茶は「川根の技術の粋、川根の茶葉は川根茶になるべくしてなる」を感じさせてくれる姿見、そして味わい。全く異なる体験が出来る最高のお茶達です。
●更に今月23日に川根本町上長尾の千葉山智満寺で行われる「第3回川根時間」では、今年の一等2席「相藤園相藤令治氏」のお茶が呈茶されます。この味わいは、まさに姿から味わいまで今年のお茶の「最高のバランス」と表現するしかないお茶です。来なくては飲めない、買えない、是非川根茶を味わいに足をのばして下さい。
●と、言いながら、今夜も茶工場聞き取り調査を行い、やや重苦しい微熱発生の頭を抱え、首スジから痛みを感じつつ、早く寝て、明日に備えなくてはいけません。頑張るぞ。
●今日の一冊。村上龍[著]『村上龍料理小説集』【1998年,㈱講談社,¥514+税】。大学生の頃、村上龍&村上春樹のダブル村上がトレンド(ふるぃぃ(>_<))だったので、何となく目を通すくらいはしていたけど、特に興味を持って読む作家ではなかった。しかし、この本だけは「料理」というキーワードのみで購入したが、いい。何と言うか、人間の根源である欲をきれいに表現している、というか、食、男と女、そして空間、時間、を、というか。読んでいて純粋に、この感覚が楽しめるというのか。歳を取ってから読むべき本というのもあるんだなぁ、としみじみ思うこの頃。だから、まだまだ、ずぅぅぅ~と読書だなぁ。
IMG_20131103184910ac7.jpg
[ 2013/11/06 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/310-d8a1bbf2