FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

2013年10月16日(水) 今年度最後の紅茶づくり

●昨日の台風、こちらは大きな被害は発生してない模様。風も雨も場所により、のようで。
●本日は昨日刈ってもらった「べにふうき」を材料に今年度最後の紅茶づくり。〆にふさわしい試験チャレンジをしないといけません。とはいえ、思いは「萎凋」と「発酵」の考え方の整理。減水率は20%以下で行いましたが、さすが「べにふうき」、良い色に発色してくれています。摘みが大きいためケバがやや目立ちますが、それはしょうがない。イメージはCTC様紅茶製造。ほぼ時間通りに3ホイロが進み終了。
F1001969.jpg F1001972.jpg
F1001973.jpg F1001974.jpg
□携帯のカメラだと色目が上手く出ません(>_<)。べにふうきのおかげで赤化発色良い感じで出ているのですが。
●製造中に生葉提供者との紅茶の作り方、考え方について議論。個人的には、紅茶はどうきっちり「発酵」をさせるか、という事だと思っているのだけど。ただ最近の風潮で「萎凋」至上主義があり、どちらかというとそちらが好きなのだけど、それを紅茶と呼んでいいのか、どうか。でも、殺青で酵素失活させなければ紅茶という分類になるんだよなぁ、と思ったり。そんな意味での今回の試験製造(個人的には)は、考え方の整理にはなりました。
●と、そんな話をしていたら、また25日に生葉が提供される事となり、今回はきっちり「発酵」させる紅茶づくりをCTC様でやる事となりそうです。天気次第ですが。
●今月中に、今年度製造した紅茶類の仕上調整をしないと。売り先も決まっているのに手つかずでいかん状態です。
●また、今日は農業経営振興会事業関連で、ジビエのお肉の関係の調整をしたり。来週、浜松へその調整打ち合わせに行ってきます。
●今日の一冊。リンクアップ、グラッフィク社編集部[編]『スイーツ・パッケージ・デザイン』【2013年,㈱グラッフィク社,¥2,400+税】。センス、って何だろう、と思うけど、やっぱり、パッと見ただけで、良い、と思えるものはセンスが良い、という事になるんだろう。奇抜とか、お金が掛かっている、という事ではなく、やはり初見に対するイメージが強いもの、という事になるのか。お茶を売るためのパッケージデザイン、の参考になれば、と購入して見たけど、どのページにおいてもさすがに目を引くものが並んでいる。これらの真似ではなく、発展系にもっていければ、と思うばかり。むずかしいものだ。
IMG_0001_20131014200436a00.jpg
[ 2013/10/16 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/289-6565898f