FC2ブログ

2020年10月1日(木) 葉面散布と雨落ち施肥

●液肥の活用について、よく聞かれるのが「葉面散布でいいの?」という事ですが「濃度を高められないので」という回答をいつもしている。旧葉、あるいは新芽からの直接吸収を目的とする葉面散布については、過去、幾つもの試験結果があるのだが、結局、樹体充足が不十分の際に効果あり、という結果で。その上で、新芽等への濃度障害が出ないレベルでの散布が必要で。
●一方、高濃度液肥施用の考え方は、根における高濃度の毒性代謝によるアミノ酸濃度の高濃度化、であると考えていて、そんな意味で本来的な目的が異なっている、と思ってはいるのだが。
●そのため、使用する肥料資材も、葉面散布なら障害性の低い中性の「尿素」を、うね間施用なら障害性の高い「硫安」を、と言ったりしていますが、それはそれで、また、それが全てではない、という事で。
点滴施肥写真
●また、お茶を評価する上で、収量性と品質の両方をどう見るかという事も、処理効果を分からなくしている要因でもあるのだが、そんな意味で、整理をすると、こんな感じ? 
仮説
丸池(収量とN率)a
丸池(芽重とN率)a
丸池(N率と繊維)a
□N率と、収量、芽重、繊維、の関係をグラフ化。色々なパターンの圃場から見えてくるものがあるんだよなぁ、と。
丸池(繊維と芽重)a
□やはり、上3つ載せたら、この繊維と芽重のグラフを載せないと。あ、X軸とY軸表記が間違っている。正しくは、X軸が、100 Bud Fresh Weight、Y軸が Fiber。
丸池(繊維とN率)a
丸池(繊維と収量)a
□相関図は色々と見せてくれるので、大変楽しく、ためになる。あ、一番下のグラフのY軸表記も違う。正しくは、Fiber。作成時に使いまわしているので、訳が分からなくなっているなぁ。
●こう見ると、やはり、収量の評価、って難しいのだなぁ、と。逆言えば、簡単か。
[ 2020/10/01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/2869-f7730f4d