FC2ブログ

2013年9月28日(土) 慌ただしい休日

●今日は、久々に髪の毛切り行ったり、明日の仕事に必要なものを街へ買い出しに行ったり。どたばた。
●昨日の続き、で言えば、品評会にこだわる、というより、茶研センターで枠摘みしていた頃のように、お茶とは何か、というこだわりの中で、品評会製造や釜炒り茶づくり、発酵茶づくりに関わっているんだと思う。土壌肥料研究をやっていた時に思った事だけど、お茶の世界における多肥神話がいまだに解消されていない事実、そんな施肥ひとつ取っても、本当に分かっていない事が多く、いい加減がまかり通っている世界。別にそれを人に理解してくれ、というのではなく(多肥について語ってきた経過から、人の思い込みは他人には解消できないと理解していて。自身が変える気持ちを持たないとダメ)、自分自身が納得できる答えが欲しいだけで。そのためには、茶研で一番茶時期だけで1000枚の枠摘みしたように徹底して自分で経験しないといけない、と思っている。だから、お茶時期の品評会製造、身体も気持ちもつらくて答えが出ない中でお茶と自問自答しながら製造している、のもそんな経験値アップのためで。
●そんな意味で、そこまで徹底してやってない、その視点で追及をしていない人(仕事としてはお茶こなしはしているのだろうが)が簡単に品評会は意味がないとか、施肥削減でお茶がダメになった、とか語ってほしくない、て思う。でも言っても話がかみ合わないのは根本のベースが違うからしょうがないんだろうな、て思う。
●そんな事をつらつらに思うと、今後どう進もうとか悩んでしまうわけで。
●でも考え過ぎないよう怠業。
●jojo第2部⑨DVD最終巻が到着。毎月の楽しみがこれで終わってしまう。究極生命体カーズ(アルティメットシング・カーズ)。悪が徹底して悪であるところが素晴らしいと思う。また①から観直してしまう。
IMG_0001_20130928041346950.jpg
●今日の一冊。木村いこ[作]『いこまん①』【2013年,(株)徳間書店,¥619+税】。生活、てこんな感じなんだろうな、と切り出しが日常、徹底して日常、という感じが悪くない。人により時間の体感て違う、という事を感じさせてくれる一冊。この著者の人生体感時間は限りなく長い(のんびり)のだろう。そんな生活にあこがれる。
IMG_0002_2013092803570807c.jpg
[ 2013/09/28 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/271-09357411