FC2ブログ

2013年9月18日(水) 川根本町品評会茶展示販売会(初の町外開催)

●本日は㈱静岡茶市場を会場に、川根本町茶品評会出品茶展示販売会を実施。川根地域外の茶商さん等を対象に行う入札会は初めての試みで、どんな風になってしまうのか心配もつきませんでしたが、たくさんの方に参加して頂き、そして入札、落札していただいた皆様、ありがとうございました。20社30名を超える参加者に感謝です。
●イベントとして、やった上のでの問題点は多々あり、不手際も多かったですが、次回につなげるということで。
●本日の落札結果は、手摘みの部平均落札単価3万8,355円/kg(出品茶6点平均)、機械摘みの部6,721円/kg(出品茶26点平均)、それぞれの最高落札単価は5万5,850円/kg(手摘みの部)、1万8,000円/kg(機械摘みの部)。川根茶を評価して頂きありがとうございます。
●今回は、内質審査が出来る形を取っての入札会ということで、積極的に香気、水色、滋味を御確認いただきました。その形を評価頂く言葉も会場で。
●今日の反省を踏まえ、販売量目、開催時期等についても検討をして来年の実施につなげたいと思います。
nyusatu1.jpg□最高落札単価の相藤園の手摘み茶
nyusatu3.jpg nyusatu4.jpg nyusatu2.jpg
□外観、内質しっかり見ていただき、入札して頂きました。
●とりあえず、一つのイベント終了。ただ20日の全国茶品評会入札会のため、明日から京都入り。今度は自分が入札金額で悩む番で(>_<)。でも、今年の最高のお茶達が見れる場面、楽しんでこないと。
●今日の一冊。藤田泰正[著]『「菜園の旬」12か月』【2003年,㈱小学館,¥476+税】。自家菜園をやっていた時期があり、自分で作った物を自分で食べる幸福感を味わっていた時期でもあります。キュウリやトマト、トウモロコシが実を着ける感動、そしてその味わいは変えようもないもので。仕事では農業分野、お茶づくりに関わっているけど、やはり、実ものを収穫する感動には代えられないなぁ(お茶はお茶で、生葉からお茶をつくる、という感動がありますが)。そんな意味で、菜園の収穫物を収穫し、食べるまでの感動がいっぱいの本です。
IMG_0004_20130916154035ee4.jpg
[ 2013/09/18 ] 農業 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/261-0bbe97a7