FC2ブログ

2019年5月8日(水) 被覆茶

●お茶の新芽を寒冷紗という被覆資材で遮光すると、葉色が濃緑となり、アミノ酸濃度が高まる。そのため、被覆茶、カブセ、という形での取組が行われている。先日のSu園さんの品評会茶も勿論だけど、その前に露払いとして揉んだ「山峡カブセ」もそんな被覆茶。揉んでいてアミノ酸が手に溢れてくるような感じを受けるお茶です。
b1_201905060502565db.jpgb2_201905060502574c6.jpg
b3_20190506050259a32.jpgb4_201905060503000a7.jpg
□揉んでいて、ベタベタなのよ。芽のばらつきもありますが、揉み切れるお茶なので、仕上げればいい感じになるんだろうなぁ、と。
●仕事は一日中仕事で事業の計画づくりのためのデータ処理を行っていました。一日中で終わってしまうと、何と無駄な時間を過ごしてしまったのだろう、このお茶時期に、と思ってしまいます。
●この週末も、イベント動員で、誰がやっても変わらない仕事をする事となっています。でも、宮仕えだからしょうがないの。サラリーマンだから。社畜です。
[ 2019/05/08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/2352-99ca8f26