FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

2019年2月15日(金) またまた小判焼き

●今日は朝から現場調整2件こなして、後は事務所でジム。お昼に、よく見かける「うまいラーメンショップ」というラーメン屋に。金曜日は、ラーメン(普)650円⇒350円、というのに惹かれて、2軒目の打ち合わせの後に。ラーメン(普)とあるのに、出てきたのは結構ボリューミー。さらに(中)と(大)があるので、果たしてどのレベルなのか、と思ってしまう。また、併せて、ネギ丼(普)250円も頼んだのだけど、これまたボリューミーで、なかなかお昼後のジム仕事に影響が出るレベルでした。
a2_20190215205044770.jpg
□ラーメン普通。これで350円は本当にお得。
a1_201902152050401d1.jpg
□ネギ丼、ですが、この下にご飯が結構たっぷりで。
●またまた、小判焼き、チョコレート、紅茶生地ヴージョン。これまた冷めても美味い。
a3_2019021520504425f.jpg
a4_2019021520504693d.jpg
●そして、金曜日のお勤めも終わりの帰り道、雨。アスファルトの匂いが雨の匂いで。
●明日は部下の結婚式。久々だなぁ、結婚式。礼服が久々の結婚式。
[ 2019/02/15 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

小判か大判か

こんにちは~。

昨日は読み間違ったかと思ったんですが、小判焼っておっしゃるんですね。

私は大判焼って言ってました。

以前近所にあったお店では回転焼と呼び、神戸のほうには「御座候(ゴザソウロウ)」というお店があって、そこで売ってるお菓子も御座候と言われてます。

これで出尽くしたかと思いきや、老母は太鼓焼と言うではないですか。

まだまだありそうですね、別名。
[ 2019/02/16 08:58 ] [ 編集 ]

大判焼に対しての、小判焼き、というネーミング

ぢょん でんばあ 様

 小判焼きは、静岡県御前崎市にある茶農家さんが、小売店舗改装に際して、呈茶のための喫茶スペースを設置。その際の、目玉商品づくりにおいて開発されたもので、大判焼より、やや小ぶりのため、小判焼きと命名(大判焼きに対しての小判焼き、という流れですね)。その社長さんのお兄さんが調理師で、そのお兄さん開発の商品のため、生地から、アンコから違うんですよね。11月に新装開店し、1月から、月替わりの新作が売り出されていて、1月は、さつまいもアン、2月は、紅茶入り生地にチョコレート、と続いているところです。真面目に美味くて、3月の新作が、桃なのか、桜なのか、梅?なのか、と色々と期待をしている所です。
 評判が良く、元々、来て食べてもらう商品、という事で始めたのですが、評判があまりに良いため、現在、真空パック等による日持ち可能商品への検討を行っています。お茶屋さんなんですが。小判焼き屋さんになってしまう、と悲鳴が。
[ 2019/02/16 18:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/2270-34263847