FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

2019年2月3日(日) 節分

●節分だけど、どうか、という事もなく。寒い寒い日だと家の中で思いつつ、入院中の母親のお見舞いに出る位の日を過ごしている。●温かいお茶を飲む。今年の液肥やぶきたの頭だが、飲んでみると美味いんだ。それが、液肥処理していない同じ茶園のお茶と比べても味わいが違う、これを何とか数字で見せたいのだけど、見えてこない。何が違うのか。それが、問題で、やっぱり、何か別の指標を見出さないといけないのだろう、と思うばかり。
a1_20190203142854788.jpg
a2_20190203142856fa5.jpg
□頭、と言っても、篩18号㊤で、時々、トビのような細めのモノも混じっていたりする。
●液肥、液肥と、液肥ありき、みたいな最近だけど、私の根本は、やっぱり、「春肥と秋肥」の話と、それに基づく「経時枠摘み調査」であって。先日の後輩との飲み会でも、そこがあって、のという話で。
aa1_20190203194850b55.jpg
□秋肥と春肥の影響性。何に、どう影響するのか。知れば知るほど、そうだよなぁ、と思うのだけど。
aa2_2019020319485203b.jpg
□そして、経時枠摘み調査結果。秋肥じゃないよね、春肥だよね。でも、でも、これが、時系列評価だと異なるという面白さ。それは、N村さんからの示唆。あー、やっぱり、分かる人、と話をしたい、と思う。
●池波正太郎の「剣客商売⑤⑦⑧⑨」。やっぱり、面白くて、ついついそろえようとしてしまうが、それをBOで揃えようとするので買えない巻が出てきてしまう。大治郎と三冬はどうして結婚したのだろう、の巻が未だ。
a1_2019020314383870e.jpg
[ 2019/02/03 ] 小説 | TB(0) | CM(2)

剣客商売

こんにちは~。

ジャケットちょっと変わってますね。私のは全部、左下「狂乱」タイプのデザインです。うまく集まりますように。

古書でそろえるのって大変ですよね。高く出せば買えるのわかってるけど、なんか意地になっちゃって。私は今、ハヤカワミステリで集めてるシリーズがあるんですが、どういうわけか中に何千円もするのがあって、心が千々に乱れます
[ 2019/02/04 10:51 ] [ 編集 ]

キキメ

ぢょん でんばあ様

 左下のが既存版。その他が新装版ですね。個人的には巻数が入ってくれてる方が、古本屋で探しやすくて良いのですが。
 紀田順一郎先生の古書関連の小説やエッセイを読むと、シリーズ物には、その巻は手に入らない、というキキメの巻があるようで。横溝正史シリーズでもあるとの事を、喜国雅彦氏の「本棚探偵シリーズ」で読んだ気がします。
 とはいえ、池波正太郎シリーズは、ずいぶんと出ていますので、手に入らない事はないんだろうなぁ、と思いつつ、後の巻を先に読むと「あの話で出てきた誰それ」みたいな注釈が入ったりして、また、読み返さないとと思う次第です。
[ 2019/02/04 20:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/2258-e19315f4