FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

2013年8月13日(火) お盆休みを病院で

●本日から夏休暇を二日間。ただし、本日は家庭の事情で病院泊。
●この歳になるまで、病院へ泊まった事はないのだが。今回も自分の健康とは関係ない件で。
●そのため、この記載は本日、朝の時間帯に。少し早起きしてグラフづくり。
●出開き度(Rate of Banjhi shoot)、枠摘み調査の手間を最低限として、調査点数を増やすため、枠重量、芽数、出開き芽数に調査を絞って、H19の一番茶時期だけで1000枚程度の枠摘み調査をしただろうか。生育速度等の影響指標としてN濃度との関係性がみれないかな、と思ったりしたのだが。とりあえず、2枚のグラフを提示。
RofBshoot-DLweightH19.jpg
□枠摘み重量と出開き度の関係。生育量に対して、無窒素は出開きが早くなる。出開き度60~80%かけてのフェイズ変化。芽数との関係性は?
Ncontent-RofBshootH19.jpg
□窒素濃度と出開き度の関係。出開き度50-70%のフィズの変化。
●重量は、出開き速度が減速?するに従い重量増加は加速?する。N濃度と出開き度は、XY直線が異なるの分かりづらい。XY変更。
RofBS-NcH19.jpg
●グラフとしては不適切。xは増加を示さないし、Yもx増加に対応するものではない。それでも、N濃度は出開き速度が加速する時は、減速、出開き速度が減速する時は、減少が加速する? 何が絶対指標なのか定めて書かないと言葉が躍っているだけになってしまう。エンドポイントは同じ。初期値、そして経過値の違い、それをどう施肥量との関係で説明するか、だが。また、脳味噌混乱。
●今日の一冊。諌山創[作]『進撃の巨人⑪特装版』【2013年,㈱講談社,¥1,200税込】。やはり、物語性に惹かれるコミック。絵は、・・・、好き嫌いはあるでしょうなぁ。買い始めの頃は、こんな漫画読む人は少ないんだろうな、と思っていましたが、今やアニメ化もされ、大いに売れているようで。それが重荷やきっかけとなって変な横道に行ったり、話が妙に膨らんだりしない事を祈るばかりです。
IMG_0001_20130812235651dc1.jpg
[ 2013/08/13 ] コミック | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/225-31763799