FC2ブログ
2018 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 02

2019年1月6日(日) 温かいお茶が美味しいゎ

●昨日のジムは、それなりにやった感があったのでその反動で、脳の思考がストップ。おそらく、月曜までに考えなくてはいけない事が山積みのはずなのに、思考できない。という事で、温かいお茶を飲もう。
●年始に良質なお茶を贅沢に飲んで、あー、やっぱりお茶って美味いわ、と思った訳ですが、やはり、良いお茶を淹れようと思うと、湯温から湯量から浸出時間から気にするので、個人的には、楽しむ余裕があまりない。その上で飲むと、もっと上手く淹れられたんじゃないか、と考えてしまったりして気持ちによろしくない状態に。
●そんな意味で、あまりそれを気にせず、湯飲みと急須で、ジャーと淹れられる、しかも熱いお湯で、でというお茶飲みも大好きで。その犠牲になるのが、液肥硫安おくひかり荒茶in川根地名'18。仕上げ調整されていないので、尺のある雑なお茶。でも、よく揉み込んであると思うよ、自分でも。このお茶は、缶入り保存のため、どうしても吸湿ヒネ傾向から抜けれないので、淹れる分だけ電子レンジで再火を行い、飲む。湯温を気にしないとは言っても、一煎目だけは、とりあえず、湯飲みに一度熱湯を注いで、それから、ちょっとウエイトして急須に注ぎ飲む。ウマいなぁ、うま味甘味、おくひかり的渋味が前に出てこないお茶になっていて飲み口よろし。その後は、直接熱湯ジャーと淹れて飲むのだが、バランスの取れた味わいの重ねて、最後は、おくひかりらしい渋味を口中に残してくれる。しかし、その渋味と共に湯飲みから香る香気は、やや花香を伴い品種らしさを彩る。口福の良さはやっぱり川根茶だなぁ、と思うだが。
a1_20190106081916891.jpg
a2_2019010608191785a.jpga3_20190106081920d6d.jpg
a4_201901060819217f4.jpga5_20190106081922399.jpg
a9_201901060820499b2.jpg
a6_20190106082045265.jpga7_201901060820478a1.jpg
a8_2019010608204867c.jpga91_201901060820511ad.jpg
□熱湯淹れなので、茶殻の色落ちは早い。熱湯で茶葉が茹っているようなものなんだろう、ムレてる?とはいえ、寒い朝に温かいお茶を飲む幸せは格別です。
●さて、一日頑張りますか。
●結論は、何をしたわけでもなく、一日が終了した。そんな休日。休みだから、いいか。しかし、明日からの一週間を思うと辛いなぁ。
●小川洋子[著]『科学の扉をノックする』【2011年,㈱集英社,\457+税】。BO購入。今年も知らない、色々な事を本から学んでいきたい。それが次の知らない事への解決の糸口になるのなら嬉しいが、そうでなくても、知るという喜びを感じられるのであるなら、それは大変幸せな事だから。
IMG_0002_20190106085207aa1.jpg
[ 2019/01/06 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/2230-d59b4d85