FC2ブログ
2019 031234567891011121314151617181920212223242526272829302019 05

2019年1月5日(土) とりあえず職場へGO、そして帰宅して、ヴィンテージver探索『豊好園編』

●昨日一日行っただけなのに、疲れた。久々の一万歩通勤は、太ももにきましたや。やはり、長い休みは身体にも心にも良くない。かといって、働きづめは嫌いだ。
●しかし、昨日の状況を踏まえれば、とても、土日お休み、なんて言っていられない。という事で、来週の分析茶葉サンプルの持ち込みも兼ねて、朝から磐田へ車でGO。行きは、混んではいないけど、空いてもいない状態(土曜日なのに)で、1時間15分位で着。8時15分入り。
●仕事、一つ、二つ、とやっていて、午前中には終わって、お昼をどこかで食べて帰ろう、等と思っていたのですが、とても終わらない。お昼も抜きで、3時過ぎまでやりました。でも終わらないけど、もう嫌になったからけぇる、と帰りました。とは言え、一人事務所はとっても静かで、ある意味で、パソコン仕事は進むんだなぁ。家にいるとやらないし、そんな意味では悪くなかった、と思う事にしよう。帰りは、行きと違い、しっかり部分部分で混んでいて、1時間45分。やはり、それ位は掛かるんだろうなぁ。でも、電車通勤で2時間弱を考えれば、車通勤の方が絶対良さそうだが。この四月からの対応を真剣に考えるなり。
●冷蔵庫内の在庫、ヴィンテージver探索ですが、やはり、一番お世話になっている豊好園関連茶が溢れています。『燦(きらら)』。基本、品評会出品茶で創られる同茶は、毎年、茶師片平次郎氏の渾身の一作となっている。年により、入賞、選外等ありますが、味自体は一本の筋が通ったもので、常に最高のお茶づくり、を目指している茶師の人柄がみられるものとなっています。というか、私自身が、豊好園の35K機がお茶を作る上でとっても大好きなので。
a9_201901011658359a2.jpga91_20190101165836985.jpg
□2012年・平成24年産の『燦(きらら)』。
b5_20190101165838e44.jpgb6_20190101165839e0b.jpg
□2011年・平成23年産の『燦(きらら)』。この年、3月11日、東日本大震災の年、この年のお茶は、最高に美味しかった。そのお茶が熟成でどう変わっているのか。飲むよ、俺は。
b7_20190101165841f21.jpgb8_20190101165842096.jpg
□袋が違うけど、2009年・平成21年産の手摘み・棚下被覆・品評会出品茶だと思う。
d3_20190101170615e7d.jpgd4_20190101170616940.jpg
□この『燦(きらら)』は、2013年・平成25年産。これら年代別に比較飲みするだけでも楽しいなぁ。いつ、飲むか。
●帰ってきて、ちょっと息抜き。明日は休もう。
[ 2019/01/05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/2226-1013e275