FC2ブログ
2018 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 02

2019年1月3日(水)② ヴィンテージver探索『清水のお茶編』

●息子を成人式の会場に送って行ったら、滅茶滅茶混んでいました。そりゃそうだよなぁ。迎えも同じく、あるいは行き以上に、滅茶滅茶混んでいました。気が疲れる。車の運転、やだなぁ。
●冷蔵庫漁りのヴィンテージ茶の探索『清水編』。清水は自分のスタートであり、基軸である。そして、いつか戻る所である。そんな思いを抱きながら、お茶と関わっている。そんな意味で、清水のお茶、実は多様。そして思い入れが深すぎる。
d7_20190101120806569.jpgd8_20190101120807453.jpg
b1_2019010112080042c.jpgb2_20190101120801d84.jpg
□言わずと知れた『高嶺の香』。静岡茶市場初取引で機械揉みでは、いまだに最高値を付けるお茶。2017年・平成29年、2016年・平成28年ver。自然仕立て、手摘み、被覆。熟成化けするのかしないのか、楽しみなお茶。
c3_20190101120803bd7.jpgc4_20190101120804172.jpg
□貢大茶。杉山貢大作。自園自製への転向を模索している段階での35K機での製造茶。芽重に命を懸ける男気のあるお茶。芯があるだけに熟成も楽しみなお茶だ。
b1_20160422233556f9b_20190101122341ceb.jpgb7_20160422233806747_20190101122341516.jpg
□お茶を揉んでいる姿が、まだ初々しい貢ちゃん。でも、お茶を楽しめる人間は伸びるから。
d9_20190101120809dd9.jpgd91_201901011208106c4.jpg
d92_20190101120812f45.jpgd93_20190101120813b14.jpg
□どちらも2017年・平成29年のもの。清水茂畑、しばきり園、杉山渡作『やまぶき』と『時鳥』。このお茶は、わっちゃんの遺作。だから、開けるのは、多分まだまだ先になるだろう。わっちゃんの息子と親父の話を語れる時が来れば、そんな時に開けよう。
a7_201604252149160c6_201901011225437c7.jpg
b98_20160424234024b4c_20190101122546c57.jpgc4_2016042318365597a_201901011225439a9.jpg
□まだまだ一緒にお茶を探求できたのに。わっちゃん、わっちゃんの分まで俺は頑張るよ。
e1_201901011208158b0.jpge2_2019010112081637a.jpg
□清水両河内、水声園、望月哲郎作。品評会出品茶園からの製造茶、2016年・平成28年産。自然仕立て、手摘み、被覆、それらが生きたお茶だから、もうちょっと置こうかな。
b2_20160501235906621_20190101102309b21.jpgb4_20160501235926ea1_20190101102311ab5.jpg
b5_20160501235923566_20190101102313958.jpgb6_20160502000151875_2019010110231449b.jpg
□息子、大二郎君との製造。たおやかな水声園の茶芽をお茶にしていく幸せを毎回感じています。
[ 2019/01/03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/2224-c7246865