FC2ブログ
2018 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 02

2019年1月2日(水)③ お汁粉、そして、ヴィンテージverの探索『川根編』

●奥さんが作ってくれたお汁粉に、お餅を焼いて入れて食べる。餅入り汁粉なんて本当に久しぶりだけど、ウマい。そして、冷たい緑茶がよく合うんだなぁ。
aaa1_20190102143939a96.jpg
□お餅が膨らみ過ぎてしまいました。
aaa2_201901021439417d3.jpg
□温かいお汁粉と冷たい緑茶の組み合わせが秀逸。しかも、おくひかりの渋味がキリッと甘い口内を引き締めてくれます。
●そして、また、明日の朝茶のために、ゴソゴソと冷蔵庫を漁ると、出るわ、出るわ、次から次へ。
a1_201901011140418a7.jpga2_20190101114043c63.jpg
a3_20190101114044dbb.jpga4_20190101114046669.jpg
□これは全品第62回大会(2008年・平成20年、熊本大会)の大臣賞(つちや農園・香味園)、と一等入賞(丹野園他)のお茶だなぁ。川根に行った年に、普通煎茶10㎏の部で、熊本大会で産地賞を頂いた時のモノ。今でも、調整前審査での、つちや農園の荒茶の香気、鼻から頭を通り天へ抜けていく香気を忘れる事はできません。K元茶試場長の「これが川根茶だ」の言葉も。
a5_20190101114047291.jpga6_2019010111404946e.jpg
□これは、川根本町藤川の相藤園・相藤令治作「全品一等二席入賞茶」(京都大会)。令治さんのお茶は本当に素晴らしくて、いつ大臣賞を取ってもおかしくない。そう思うと、一等一席というのは、まぎれもなく「運」という要素が多分にあるんだなぁ、と思う(勿論、最高の凌ぎを削るトップの中で一番になる、という意味で。フロックでの一等一席はないから)。
e5_20190101115725463.jpge6_2019010111572655f.jpg
□川根と言えば、香駿釜炒り茶。釜炒り先生の横道将作。これは2016年verで冷蔵庫保管だけど、この前の作品が幾つか常温保管で持っていたりする。釜炒り茶、しかも香駿、この香味変化は本当に楽しみです。
●まだまだ出てくる川根茶。
b3_20190102094451714.jpgb4_20190102094452b1d.jpg
□これは2009年(平成21年)の全品埼玉大会での入賞茶の一煎茶パック。この年は、前年の熊本大会の勢いそのままに連覇を狙ったけど、埼玉県の戦略に完敗。お茶は、川崎好和さんの素晴らしい出来栄えがあっただけに、悔しい思いをしました。そんな棚乾燥機で緑輝を放っていた川崎さんのお茶が入っているのかな。開けるのが怖い位に楽しみです。
●統計関連ブログで、三中さんがお正月から紹介していた本。あー、欲しいけど値段が。専門書高いんだよなぁ、でも欲しい。この、知りたい、という知欲のためだけの研究というか探求って、憧れるなぁ。
aa1_20190102095112cad.jpg
□Amazonから画像転載。
[ 2019/01/02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/2223-f8876535