FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

2019年1月1日(火・祝)② 品評会出品茶等ヴィンテージ

●今年のお正月茶を選ぶために冷蔵庫をゴソゴソ。そうすると一煎茶パックのヴィンテージが冷蔵庫に、これでもか、と眠っていて。幾つか確認したけど、いやぁー、勿体ないわ、という感じレベルのモノです。とりあえず、今後、機会を創って、順番に飲んでいきましょう、と思ってます。
aa1_2019010110081310a.jpgd2_20190101113133dc9.jpg
□豊好園、片平豊&次郎作。やまかい玉露棚下手摘み。県品二等。年が入ってないが、2012年、㍻で言えば、24年。強カブセの熟成変化が楽しみな逸品。
aa2_2019010110081590a.jpgaa3_20190101100816635.jpg
□豊好園、片平次郎作、やぶきた手摘み品評会出品棚下かぶせ茶、2013年。平成25年と言えば、川根本町役場一年目で色々と楽しくやっていた頃だなぁ。
aa4_201901011008181c3.jpg
□水声園、望月大二郎作、やぶきた手摘み品評会出品茶棚下煎茶。2015年、平成27年。大ちゃんと初めて一緒に揉んだお茶だ。本当にミルい芽で。いつも思うけど、水声園のお茶はやさしくやさしく揉んであげる必要がある、そんな気分にさせるお茶なんだ。それでも、キッチリしたお茶になるから芯が凄いんだなぁ。良いなぁ。
c6_2015050423250375c_20190101105249d02.jpgc7_2015050423250554e_201901011052505d5.jpg
c8_20150504232510d04_201901011052520f2.jpgc9_20150504232511272_20190101105253f75.jpg
□このたよやかなお茶が水声園の特徴。茶園土壌等の影響あるんだろうなぁ、と思いますが、良いなぁ、凄いなぁ、贅沢だなぁ。勿論、揉ませてもらっている自分がね。
●まだまだ、あるんだなぁ、このクラスのお茶が。それも、毎年の特徴を出しながら。もう少し冷蔵庫探索を続けよう。
[ 2019/01/01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/2222-1f1fb618