FC2ブログ
2018 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 02

2018年12月30日(日)② 恒例の餅つき、とその後には焙じ茶づくり

●30日の日曜日。毎年恒例の餅つきに、今年も、清水まで行ってきました。とりあえず、杵つき餅の美味さは別格で。ただ、餅つき自体は、息子に任せて、こちらは見学。毎年思うのですが、何故餅になるのだろう? 誰か理論的に説明してくれないかなぁ、と毎年思っています。
a1_2018123015401568f.jpg
a2_20181230154017658.jpg
□なぜ、杵で搗くと餅になるのか?
●その後は、遠赤外線乾燥機を使って、焙じ茶を作るとの事で、見学&お手伝いをしました。設定を検討しながら、複数の品種を焙じて、焙じ茶に。通常のドラム等接触伝熱による乾燥ではないため、コゲ臭さがなく、純粋に品種茶の違いを楽しめるお茶になっていました。面白い。はるみどり、のバランスの良さ、と、くらさわ、のコーヒーティストな苦味、そして、静7132の桜葉の香りが残った焙じ茶、どれも良かったなぁ。ただ、美味さでは、はるみどり、だなぁ、と。
b1_20181230154431787.jpgb2_2018123015443250b.jpg
b3_201812301544344b7.jpgb4_201812301544354d4.jpg
b5_201812301544369f2.jpgb6_20181230154438df4.jpg
b7_20181230154440a01.jpg
b8_20181230154441d35.jpgb9_201812301544431d1.jpg
b91_20181230154908ae9.jpgb92_2018123015491092c.jpg
□焙じ茶になるんだなぁ。そして、品種の味わいを残しているし。
●その後は、現在改装中の茶工場を見せてもらいました。なかなかの複雑ラインで来年の稼働が楽しみ、という感じ。
c1_20181230154835815.jpgc2_20181230154837afa.jpg
□茶工場の前の苗場。色々な品種の苗を育成中。
●毎年の事とはいえ、楽しいなぁ、こんな事を色々と考えられる事が。そして、暮れも押し迫ってくるのでした。
[ 2018/12/30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/2218-0f8a258a