FC2ブログ
2018 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 02

2018年12月29日(土) 年末休み入り

●昨日の3か所目の仕事は茶園の土壌確認。生育へ影響する排水不良性の要因としての、粘質土壌の問題、機械踏圧の問題、外部侵入水の問題、様々な問題を、茶園うね間土壌に穴を掘って確かめます。と、いう事を部下の子と一緒に。とりあえず、農家さんも皆さん、一度うね間土壌を自分で掘ってみて、なぜ?について考えてみましょう。
a3_20181229074453a95.jpg
a1_20181229074451d2f.jpga2_20181229074452e7e.jpg
□改植ほ場。茶樹の抜根済み。表層土の物理性は改善を図っているが、中層以下は土性の問題で過湿を生む。侵入水の問題もあり、どう茶園を作っていくのか、をよく検討する必要がある。
b1_20181229074723f59.jpgb2_20181229074724d19.jpg
b3_20181229074726358.jpgb4_20181229074727436.jpg
b5_2018122907472981e.jpgb6_201812290747311f3.jpg
□極表層の部分に吸収根が確認される。空気層が確保されるため、上根が走る状況。一方で、それ以下の締まり粘質土壌では、根は確認されない。そして、過湿状態。土壌の青(頁岩:アルカリ土壌)の影響もあると考えられる。
c6_20181229075150482.jpg
c5_2018122907514991d.jpgc3_20181229075146826.jpg
c1_20181229075143f5c.jpgc2_20181229075144904.jpg
c4_201812290751477fe.jpg
□掘ったうね間土壌を確認する後輩君の後ろ姿(ケツ)を撮影。強い機械踏圧とそれにより、表層土においても、吸収根が白根ではなく、褐変してしまっている。そして、過湿状態を示すように茶株周辺土にコケ(緑)が。
●何にしても、一度自分で穴を掘って、土壌状態を確認しましょう。そして、その改善を図る手法を実行しましょう、という事です。それ以上でもそれ以下でもない、という事実。
●昨日の現場は寒くて寒くて。圃場で穴を掘った後、お昼は、ゆで太郎へ。コロッケまで食べちゃいました。
a1_2018122907570520a.jpg
a2_20181229075707d60.jpga3_20181229075708170.jpg
□寒いと言っているのだから温かい蕎麦にすればいいのに、ついついいつものように、2枚盛りを頼んでしまう。
●帰りの新幹線はやっぱり帰省の影響で、ちょっといつもより混んでいたので、いつもと違う車両に。
a4_20181229075916dd7.jpg
□どうして、遠い遠い車両に乗ろうとするのだろう?
[ 2018/12/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/2216-b0762aa4