FC2ブログ

2013年8月5日(月) 月曜日に悩む

●今週も奥地域の聞き取り調査。意見交換はためになるけど、現状の厳しさと切実さ、そして明確な対応が求められると思う。
●前向きな話にならないのは問題が明確だから。それを誰が取り組むのか。地域、個人、産地、全てが網羅できるものではない。難しい(>_<)。
●久々にグラフをつくってみました。秋肥と春肥の秋整枝後の古葉への影響及び一番茶への影響を確認するために行った試験。茶株面古葉からリーフパンチという器具を用いて円形葉片サンプルを採取。それの乾燥処理後、N分析を行い「葉片重量(LP Weight)」「葉片窒素濃度(LP Nitrogen Content)」「葉片窒素量(LP Nitrogen mass)」を時系列でグラフ化。更に一番茶期には経時枠摘み調査で枠摘み重量と窒素濃度の関係性を確認。秋肥は12kg処理。内訳は4kgN×3回(処理日9/12,10/16,11/9)、春肥も同様(処理日2/26,3/6,3/31)。秋肥処理からの試験開始のため、無窒素処理と春肥処理は春肥施肥前までは同一処理となる。リーフパンチサンプリングは9月15日から翌年5月20日まで5-10日間隔で実施。グラフは2点smoothing処理。なお、当該圃場は試験処理前2年間無施肥管理により茶樹は低栄養状態であった。
LP Weight 12kg
□古葉葉片重量については、秋及び春の施肥処理の直接的な影響は受けていない、とみられる(生育量に明確な差がない)。これは直近の施肥は器である生育量へは影響しない可能性を示唆? 他試験で、0kg施肥区が施肥処理区に対して明らかに葉片重量が大きい事例を確認しているが、これは当該処理の継続期間が長く、無施肥による明らかな茶樹の枝条構成が変化し、古葉の空間占有からの形態変化が要因であると推定している。と、いう事は単純に施肥が影響するのは生長量(器)の話ではないのか。
Nitrogen Content 12kg
□一方で、葉片サンプルにおける窒素濃度については明らかに施肥の影響が確認される。特に秋肥処理においてその濃度増加が顕著であるのは、秋整枝処理により新芽の生育が停止し、古葉内貯蔵へ行かざるを得ない状態になっているから?それに対して春肥処理はややもすると増加さえもしていないように見えてしまう。ただし、0kg処理と比較すれば、それが転流故の濃度減少からの作用と判断できるのだが。
LP Nitrogen mass 12kg
□窒素量では、秋肥の古葉における窒素充足は調査開始約100日後の12月上中旬頃まで見られその後停止。170-180日後(3月上旬頃)に減少として転流を匂わせる動きが開始される。春肥処理については、これは逆に増加という形に現れているが、この2つの減少を併せ考えれば、古葉から新芽への転流(古葉がソース)、根から古葉への転流(古葉がシンク)が同時に起こっており、そのそれぞれが秋肥と春肥の影響下にあると判断される、という事だろう。このグラフにおいて、秋肥処理区と0kg区はほぼパラレルのsmoothing動向を示しており、この差が秋肥窒素の古葉における積み上げだと考えられる。一方、そう考えた場合、春肥の積み上げはあまりに弱い。
●一方で、一番茶の枠摘み調査結果を次に示すが、明らかに春肥の方が効果的である事を示している。これが低栄養状態下における体内貯蔵(蛋白固定)の促進傾向を反映している可能性も否定できないが、新芽生育期における転流形態が新芽停止期の転流形態とは異なる可能性を示唆するものである事は否定できないと考える。
枠調査 窒素量
●何が言いたいかというと、新芽という器における内部成分の単純なNとCの存在割合を考えた場合に、直近施肥がそこにおける占有率を高めた方が形態的Nのあり方が変わる可能性があるのでは。本当はそれを試験場の時にやりたかったのだが、これらの影響下において、味わいを反映する可溶性Nと不溶性Nの存在比を含めた調査を経時的に調査する事で、求めるお茶づくりに反映されるのでは、と思うところだったのですが。
●さて、今回のもうちょっと整理見直して、まとめてみようかな。やはり、久々のグラフ、むきになって作ってみましたが楽しい。あー、新しいデータが取りたいなぁ。発酵茶なぞ、やっている場合ではないのではなかろうか。
●しかし、楽しみはこれ位で、明日からの仕事はまた頭の切り替えをしないと。
●今日の一冊。西原理恵子[漫画]&佐藤優[著]『週刊とりあたまニュース』【2011年,㈱新潮社,¥1,100+税】。サイバラ先生と外務省元官僚佐藤氏のコラボ。やはり佐藤氏の情報とサイバラ画伯のテーマとかけ離れていく語りの妙が何とも良い。いつまでもサイバラ画伯はサイバラ画伯のままでいてもらいたい。
IMG_201308041316046e8.jpg
[ 2013/08/05 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/217-49359dc1