FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

2018年5月3日(木・祝) 休み

●昨夜からの大雨も何とか朝には落ち着いてきて。雨量的には100㎜超えのようですが、このタイミングでの雨の影響は、と考えても、なかなか難しい。7日からはしばらく雨模様のため、6日までがお茶づくりの勝負という事になる。私も、もう一度、製造の機会があるので、そこで今年の一番茶の総括が出来れば、と思っている。
●朝から、今年の新茶に浸っている。荒茶、とはいえ、やはり、この時期にしか堪能できない青い若い香気と、今年のお茶の象徴である甘味の継続。煎を重ねても美味い。そのため、問題は飲み過ぎてトイレが近くなる事である。とはいえ、その他、入手した新茶もあるので、それらも順番に確認していかないといけない。ただ、今年のお茶飲んでしまうと、昨年のまだある在庫が不良在庫になってしまいそうで怖い。それだけ、去年と今年のお茶には差があると感じている。
a1_20180503073609792.jpg
a2_20180503073610eff.jpga3_20180503073612473.jpg
a4_20180503073615684.jpga5_20180503073616739.jpg
a6_2018050307361769a.jpg
□2018液肥やぶきたin地名。荒茶。とりあえず、山谷の生育差から、芽のばらつきがあり、どうしても、大きい部分が出来てしまっているが、狙った部位の揉み込みはできているし、色沢も艶めいていて悪くない。あとは、町品評会用に、仕上げ調整篩抜きで、揃いを。16号だと落ちてしまいそうなので18号で、と思っている。茶葉が開くのに時間が掛かる。それだけ、しっかりと揉んでいるのだが、開いた茶葉の艶めかしい艶感が、今年の新茶の美味しさを象徴しているのだと思う。やっぱり、飲んで美味いお茶、だよな、と。
aa1_20180503094438ef9.jpg
□その後、湯温を上げて、幾度も、幾度も、飲みました。最後は熱湯で淹れて。それでも甘い、美味い。茶葉がこんな色に変わっても、まだ出るうま味が。さて、どうしよう。
●今年の新茶。試飲を頼まれた「山の息吹」と「さえみどり」。仕事の管内的に深蒸し地帯のため、これらのお茶の評価をどうしようか、と思う場面がある。どうしたら上手く淹れられるのか、という最初の部分で迷ってしまう。とりあえず、飲む。
a1_20180503162340543.jpga2_2018050316234062b.jpg
a3_2018050316234282b.jpga4_201805031623426ef.jpg
a5_20180503162345469.jpga6_2018050316234555e.jpg
a7_20180503162348a9e.jpg
□冷水から順番に温度域を上げて淹れてみる。味わいは「山の息吹」、甘い美味しい。ただ、少し後口の残る苦味が気になる。やや摘採タイミングか製造の蒸しか。冷水から熱湯まで煎を重ねても同じ感じは残るので、何かあるんだろう。
b1_20180503162803685.jpgb2_20180503162807935.jpg
b3_20180503162808318.jpgb5_20180503162807190.jpg
b6_20180503162810468.jpgb7_201805031628105f1.jpg
b9_20180503162813e95.jpg
□「さえみどり」。あー、美味しいなぁ。これは素直。うま味も強いが、素直にお茶がつくられた、と感じる。美味しいよ。
●深蒸しの評価って難しい。審査では欠点指摘でいいのだけど、飲んで美味いかどうかは、ちょっと視点が違うんだよなぁ。とはいえ、最後には深蒸しらしい水色になっていくのが、らしい。
●週間天気を確認したら来週月曜日からずっと雨。本当に茶農家は6日の連休中にお茶を終えたいと思ってしまう予報だ。
週間天気
●明日はとりあえず、管内へ一番茶最後の枠摘み調査へ行く予定。
[ 2018/05/03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1976-301c5ac9