FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2013年6月21日(金) 静岡型うんちゃらかんちゃら

●本日は雨のため摘採ができず、萎凋等試験製造も明日へ延期。そのため、釜炒り全品出品茶の最終仕上げ、これで出品茶全てが整いました。後は出品するだけ。仕上調整は、地名のセンターで火入れをしたのですが、同じ工場で県のお茶の普及員の方々が二番茶を使用しての製造研修をやっていて。女性ばかりたくさんいて、キャピキャピ楽しそうでした。時代が変わったのですね。彼女たち、5年後もお茶の普及員やっているのかなぁ。
●明日から日曜まで、静岡型発酵茶うんちゃらかんちゃら\(゜ロ\)(/ロ゜)/の波にのまれて作業対応。個人的には、?技術なので、研究の方に、現場で実証実証と叫ばれても困るのだけど、やりたい、という現場農家さんがいるから、それは現場の人間として対応しなくてはいけないし。
●それに萎凋については、本当によく自分が理解してないので、これがきっかけとなって、理解度アップ、してくれればいいかなぁ。無理だろうなぁ。
●と、いう事で、萎凋処理や釜炒り茶製造を体験、試験的にも実施。頑張らねば。しかし、休めない。
●家へ帰ってきたら「紙兎ロペ」のTV版DVD1、2巻が届いていました。アキラ先輩好きだなぁ。
IMG_0001_20130621214132.jpg IMG_0002_20130621214135.jpg
●今日の一冊。渡辺満里奈[著]『満里奈の旅ぶくれ-たわわ台湾-』【2003年,㈱新潮社,¥629+税】。おニャンこクラブの世代、としては、渡辺満里奈は工藤静香と双壁の(秋元康の奥さんの高井麻巳子もそうだが)アイドルだった。若かったなぁ。芸能界でポジションを探して、文化人枠での番組コメンテーターとして、このような本を書く渡辺満里奈には全く興味はないのだが、やはり発酵茶、という1点のみで購入。何か技術反映できるヒントが転がってないかな、と読み込むが、まぁ、ないわなぁ、そりゃそうだ。しかし、美味しいお茶を呑んで、美味しい料理を食べて、人は旅を楽しむ、それでいいのではないか、そう思う。美味しいお茶つくりたい。
IMG_0004_20130616193702.jpg
[ 2013/06/21 ] お茶 | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/06/22 05:55 ] [ 編集 ]

Re: いいお茶を作りたい

川根、人材不足で喘いでいます。私のような余所者が何を言っても、やはり地元が自ら動かないと。
でも、好きにやらせて頂けるありがたい職場です。
その中で自分の中に、感性として、また具体的な技術としての構築を図りたいと思っています。
ただ、やはり製造は専門ではないので、専門家に導いてもらいたい、て思うのですが。専門家って誰?
[ 2013/06/23 02:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/172-9f77a37f