FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2017年5月9日(火) どちらへ?今日も磐田へ

●四月から、二つの職場の管内を担当する事となり、朝の出勤も、二つの職場のどちらかへ、という出勤方法に。仕事の組み立ての問題なのだが、やはり迷う。そして今日は磐田へ。電車~新幹線~電車~バスの乗り継ぎが辛い。
●今日も茶工場をグルグル回らせてもらいました。早場所はほぼ終盤。中場所も同じ感じかな。茶園は相変わらず水を欲しがっているように感じる。スプリンクラーで水を撒いている圃場を見つけた。この気持ちが大事だなぁ、と思った。
a1_201705092053216d9.jpga2_20170509205323f9d.jpg
a3_20170509205324747.jpga4_201705092053253e9.jpg
a5_201705092053277a4.jpga6_201705092053280e0.jpg
a7_20170509205332855.jpga8_20170509205333fd3.jpg
a9_20170509205335e76.jpg
□結構出開きできつい圃場。そして、既に刈り取られた白葉茶の圃場(きらか、という品種)。そして、スプリンクラーで散水していた圃場。どれも、色々な意味で見ごたえがありました。
●茶農家さんとの会話の中でも、色々と示唆されるものがありました。
●夕方、事務所に戻ったら、イチゴをもらった。紅い。
a91_201705092053353c6.jpg
●帰りは、つなぎがよく、新幹線に乗って帰れた。こんな日もある(だいたいが、バス~電車~新幹線のつなぎが悪く、30分待つか、そのまま電車で帰るか、という判断を迫られるのである)。
a92_20170509205336db5.jpg
□新幹線ホーム。
●そして、家に帰ったら、やっと届いていた「Discover Japan」。何と言っても、表紙が柴咲コウ、そして、中には清水両河内のJ君が出ています。すごいなぁ。
a1_2017050920585472a.jpg
□ぱっと見、柴咲コウには見えない。男装の麗人という雰囲気。似合うなぁ。
b1_20170509205855eb0.jpg
□そして、J君。
●色々な意味で、お茶はまだまだやれる、という事だと思っている。最高のお茶を目指して。
●喜多喜久[著]『猫色ケミストリー』【2012年,㈱宝島社,\1,429+税】。BOで。理系人間には楽しい本だ。
IMG_0002_20170506124629868.jpg
●明日は藤枝の事務所へ。
[ 2017/05/09 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1617-729cb053