FC2ブログ
2020 081234567891011121314151617181920212223242526272829302020 10

2013年6月10日(月) 釜炒り茶の方向性

●今日は最後に残った全品出品、釜炒り茶の仕上調整。品種「香駿」で2年目の挑戦。釜炒り向きの品種だと思うし、すでに商品化もされ、販売している。しかし、品評会で勝てるか、という事については、その独特の香気の在り方が、・・・。しかし、思いと戦略もあり、今年もチャレンジです。写真の様な釜炒り荒茶が仕上調整により変わる。香気も「香駿」が前に出過ぎず、釜香らしき芳香もあり、いいのでは、と釜炒りY道先生と納得。あとは、棒取りして、再火したら審査を待つばかりです。
F1001057.jpg F1001058.jpg
仕上調整前の荒茶状態
F1001059.jpg F1001063.jpg
篩調整後の3ホイロを比較
F1001065.jpg F1001067.jpg
最終的に3ホイロから1出品茶を作ります
●休んでリフレッシュしたから少しは元気かな。しかし、まだ眠たい。睡眠がやはり足りてないのか。
●台風の影響で三日間程各種予定が狂ってしまう(+o+)。さて、どうしたものか。
●今日の一冊。波多野公介[著]『緑茶最前線』【1997年,㈱京都書院,¥800+税】。元新聞記者である著者が「品種茶単品茶」や「釜炒り製法」等にこだわって書いた著書。見識としてある意味で正しく、ある意味で、・・・。個人的には多様なお茶の存在は必要なものであると思う。一方で品種がメインになり得ない業界としての茶業界の在り方も。釜炒りも発酵茶もやっていて思うのは、これを経営として成り立たせるのはかなり難しい、という感覚。あくまでサブ的存在として捉えるなら、という立ち位置からまだ進めてない、というのが実感。しかし、面白み、という言葉で言えば、品種も香り茶も面白いものだと個人的には思っている。
IMG_0002_20130609195013.jpg
[ 2013/06/10 ] お茶 | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/06/11 18:45 ] [ 編集 ]

Re: 恵みの雨

100mmの雨で浸透が20㎝。
降雨強度を想定すると肥料も根周りに届くのかな。
その上で、気温が掛かれば、二番茶には直接肥が効果的。
一方、一番茶にどう芽出し肥を効果的に吸わせるか。
やはり、地温、水、肥料形態。
そして二番茶後の来年一番茶の土台づくりの三番茶芽を大事に育てないと。
先日、佐藤園、清流会の森山さんが、川根へ遠赤外乾燥機を見に来られました。
その時に、中部農林へ来てもらいたいや、という話をしてくれたのですが、結局20年、普及や試験場をウロウロしましたが、本気で引いてくれたのは川根本町だけ、で。
黒柳さんもそうですが、我々は多分、自分が一番仕事がやりやすい場所に行きたい、と思っているのですが、組織が、・・・、なので。
川根を出て次はどこへ行くのか、というか県へ戻れるのか?です。

[ 2013/06/11 21:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/161-00830dc3