FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

2017年4月30日(日) 4月最終日

●この4月は、異動により、新しい職場、新しい仕事(内容的には従来仕事の延長ですが)と向き合うため、結構しんどい1ヶ月でした。さて、あと11ヶ月頑張れるかな、と思わなくはないですが、やるしかないんでしょう。
●さて、昨日のお茶揉みワンダーランドですが、1年ぶりの一番茶に、ワクワクしています。とはいえ、製造がしたい、という事ではなく、あくまで、色々と思っている事が、製造の中で確認されれば、という気持ちで。一つは、やはり高濃度液肥効果。昨日の被覆さえみどり揉みでしたが、粗揉での粘りとアミノ酸香はやはり、処理の反映性なのか、と思うわけです。一方で、その効果性の仕組みについては、仮説前仮説程度で止まっており、なかなか、本質に至らない。しかし、現象としては発現される、ここをどう考えるか、なのですが。とはいえ、今日は清水のS園のお茶会に顔を出して、そこでも、今年の前述の話をする事となっていて。今年のような、茶芽が水を持っていない、上げていない状態での粘りとのバランス性、影響性、さてさて。
aaa1_201704300656196b3.jpg
●もう一つの話としては、やはり製茶の点で、どこまで揉んでいいのか、という事で。お茶揉みワンダーランドに設置されている製茶機は、粗揉も中揉も、インバーターで風量と回転を制御できるため、最後の時点での揉み込みが可能となっていて。その結果として、限りなく揉めてしまう(上乾きする事なく)。その結果として、製茶ラインにおける従来法での製造がなかなか当てはまらない形となってきていて。そこから導かれる、精揉でお茶揉んでいる感を出している場合ではない、という結論。まぁ、単に精揉機が苦手なだけですが。そんな事を、お茶を揉むたびに思うわけです。
aaa2_20170430065612a36.jpg
□いい感じのお茶だなぁ、と。
●ちなみに昨日の、被覆さえみどり、液肥処理は、M君のお茶なのですが。自分のお茶が揉みたくて、共同から自園自製に今年から経営を変えた、という強者。とはいえ、まだまだ勉強しようね。
●今日は、そんなわけで、清水のS園のお茶会へ、今年の液肥効果について会話をするために足を運びます。
●S園では、今年のお茶を頂いて。昨年のように尖っていないという評判。そして、全体にバランスの良い感じに。今年の天候も影響しているのだろうし、やはり、施用のタイミングが重要という事か。それでも、煎を重ねても、渋みの後口に甘味が残り、良い感じのお茶になっています。んー、難しい。
a1_201704301926157b1.jpga2_20170430192617820.jpg
□手摘みやぶきた、時鳥。
●そして、S園のカナダの取引先の茶商さんが来られていて、工場見学したり、呈茶をされたり、と。半発酵や紅茶の話は大変勉強になりました。どのようなモノが好まれるのか、また、必要とされるのか、というような話。
a3_20170430192845fea.jpga4_20170430192847030.jpg
a5_2017043019284833e.jpga6_201704301928508eb.jpg
a7_2017043019285118a.jpga8_201704301928538dc.jpg
●そして、お蕎麦を頂いたり。
a9_201704301930282f4.jpg
●そして、昨日のお茶を園主M君が自ら持ち込んで、カナダの方々に呈茶。通常なら、一煎目から二煎目で味わいとしては下るところが、より膨らみを持った味になっている、とお褒めの言葉を頂いていました。荒茶である、という点を考えても、ある意味の成功なのか。
a92_20170430193031063.jpga91_20170430193030139.jpg
●昨日の製造茶。14号下との事です。写真の色目が今一つですが、急須に入れると本来色に近くなります。
b1_2017043019303439f.jpgb2_20170430193036408.jpg
●今日の話を聞いて、やはり、タイミングが大事、という事になるのかな、と。そのタイミングがいつなのか、それを又探求しないといけません。
●明日は月曜日で出勤。当たり前ですが、世間様では、GWで1日も2日も休みの方がいるようです。こちらは、平日は、仕事勤務で、休日が、お茶モード休みという事になります。明日は藤枝の事務所から出発して、磐田まで行き、また戻るパターンです。

[ 2017/04/30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1608-f5e616ef