FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

2017年4月16日(日) 暖かい日

●もう完全にお茶の芽が生育モードの気候になった。これで、お茶農家は落ち着いた日が過ごせなくなるだろう。今週が行って話ができるお茶前、最後のチャンス、という事か。
●そんな意味で、お茶前最後の休み、ダラダラとすごしています。本を読んだり、本を読んだり、本を読んだり。本好き。
●昨日写真。もちろん、右が、H28一番茶、やぶきたin清水河内、無被覆、篩20号下、左が、H28二番茶、おくひかりin川根地名、被覆、篩13号上、なのですが。見た目の違いも明らか、差はあります。でも、どっちも好き。今年もより良いお茶づくりのために、一歩進みましょう。
a4_20170415191417849.jpg
●今年も、川根本町茶品評会にOPEN部門が開設されているので、この20号下のお茶を1点出してみたいな、と思っています。今年もつくる一番茶液肥おくひかり(あるいは、液肥やぶきた)の20号下、出してみようかな。
●以前から書いてある事だが、液肥効果、がなぜ起こるか?という点について、以前は、基本、根回りにおける高濃度Nの吸収速度効果だと自分は考えていたが、その後の現地試験で、濃度的問題と量的施用問題で、それも揺らいでいるのが事実。NH3毒性の観点から、植物体内での早急なグルタミン等へ代謝活性はあると思うのだが、それにしても、吸収量を考えると、・・・。そんな事を思いながら、また、今年のお茶時期、液肥処理した茶葉を揉む機会がどれだけ得られるか、そして、そこでまた何を感じるのか、楽しみです。
e2_20170416201216004.jpg
□お茶を揉むという事。そこから感じられる情報量の多さ。
xxx8_201704162014084e7.jpg
□色々なモノがこのお茶揉み、の中に含まれています。
●明日からの一週間をまた耐えて、お茶揉みシーズンへ突入だ。

[ 2017/04/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1594-0215587f