FC2ブログ
2020 081234567891011121314151617181920212223242526272829302020 10

2017年3月3日(金) 雛祭り、喋る、そして、其処の話をするなら、もう喋らない

●金曜日。雛祭り。でも、碾茶の会議に呼ばれての、喋りモード。いい加減な話が出来る液肥のお座敷とは違い、事実のみ伝える戦術で凌ぐしかないのが実情です。
●その上で、何故か施肥の話になり、相変わらずの多肥必要性、そして、一方では、硝酸が蓄積するから被覆も施肥をするな、みたいな。あー、何と言うか、何のために、このテーマで、今、この場で話をしているのか、という事を全く考えずに、の発言があり、更には、指導が悪い、JAが悪い、行政が悪い、と相変わらずの自分は正しいけど、周りのせいで、こんな風な状態になってしまっている、何とかしろ、みたいな話。
●はっきり言って、どうでもいいです。やりたい、やろう、と思ってい人たちには何でも話をするし、協力しますが、そんな話なら、別に、ハイハイそうですね、そのままやってください、でおしまい。そうします、これから。
●とはいえ、やはり、喋ってしまう、言ってしまう、というのは、本当にマイナスだなぁ、と思います。何のメリットもない。終わった後、会議に出られた方々は、懇親会があるようですが、そこでは、あんなバカな話をする奴jは呼ぶな、という事が話題に出ているんだろうなぁ、と思いました。
●別に呼ばれたくもないし。
●そんなイライラとする場があった会議後半ですが(前半の碾茶の話はそれでも、まだまともだった)、別にィ、という結論です。
●年末に手に入れて、篩仕上げしてしまった半仕上げ茶。それを自宅で再火して、飲む事を楽しみとしている。道具は電子レンジなのだが、出力調整で、乾燥だったり、火入れだったりがコントロール出来なくはないのが楽しい。一方で、篩番手違いのお茶を比較して見ては、あー、早くお茶時期になって、今年はどんなお茶揉めるのか、というような妄想を繰り返している。
a5_20170302074818ce5.jpg
a1_20170302074812da8.jpga2_201703020748144b4.jpg
a3_20170302074815924.jpga4_2017030207481697c.jpg
□16号㊦と20号㊦の違いを確認しながら。火の入り方も違うので、どこにポイントを置くか、という事を繰り返し楽しんでいる。
●贅沢なお茶使いだし、飲み方だと思う。青さを感じるのも、荒茶の特権だと思うし。
●きくち正太[作]『瑠璃と料理の王様と④』【2017年,㈱講談社,\590+税】。相変わらず、きくち正太はイイ感じで書いている。おせん、の頃からのファンなので、別にどうこう言われていても気にならない。味わい、を楽しめる本だ。
IMG_20170224192941d9e.jpg
●明日はお休み。子供もほぼ受験終了で、あとは結果待ち(月曜日に面接試験があるようですが)。一緒にラーメンでも食べ行って来ようかな。
[ 2017/03/03 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1550-03ac20d9