FC2ブログ

2016年11月27日(日) 今日はイベント巡り、川根時間へ、そしてマロニエマルシェへGO

●まさか、一人のお客として川根時間へ来る事があるなんて思ってもいなかったのですが、川根時間初体験してきました。天気は怪しかったものの、朝一番で行かないと混んでしまう、という事で、まずは茶茗舘へ。そこで、釜炒り茶のグラス飲みや、川根おくひかりのシェイカー飲みを試させてもらったり、手揉みを見学したり、茶歌舞伎をやらしてもらったり。茶歌舞伎、おくひかりとつゆひかり、どっち?という事で悩んで悩んで、最後に書き変えたら当たりました。良かった。というか、よく分かっていない、という事です。
a1_201611271459580bb.jpga2_201611271500005d0.jpg
a3_20161127150001017.jpga4_20161127150002104.jpg
a5_20161127150004b61.jpga6_20161127150046e5d.jpg
a7_2016112715004716a.jpga8_20161127150049c75.jpg
a9_201611271500503ad.jpga91_20161127150051f4b.jpg
a92_2016112715012735e.jpga93_20161127150128b87.jpg
□ここでは、川根の品評会レジェンドのT野氏やI藤N紀氏と話をしたりして、濃い時間を。本当は、もっとじっくりと時間を取らなくてはと思っていたのですが、智満寺行きや、午後の関係もあり、早々に。
●智満寺は紅葉が綺麗です。そして、匠の間の席は順番待ちで溢れていたため、極みの間の予約を入れて、知り合いの方々と話し込んでいました(知り合いばかりですので)。そして、極みの間、品評会入賞茶の席は、相藤令治氏のお茶を頂きました。1等4席入賞のお茶。6年生の茶園、という事でやや落ち着き感のある膨らみのあるうま味、甘味のお茶でした。渋味が出るのが遅く、四煎目にやっと、川根らしい渋味が感じられました。贅沢な時間。裏方にはベテランの日本茶インストラクターの方々が配置され、スムーズな運営も変わらず凄いな、と。
b1_20161127150727c64.jpgb2_20161127150728a58.jpg
b3_201611271507297d0.jpgb95_20161127151031a82.jpg
b4_201611271507308b3.jpgb5_20161127150732e33.jpg
b6_2016112715092452a.jpgb7_20161127150925f2b.jpg
b8_20161127150928f2c.jpg
b61.jpgb9_2016112715092972b.jpg
b91_2016112715102578e.jpgb92_20161127151026ead.jpg
b93_201611271510283d6.jpgb94_2016112715102959f.jpg
□お茶に酔う、そんな感じの馥郁たる香味を味あわせてくれるおちゃでした。美味しかった、という言葉でいいのか、どうか分かりませんが。幸せでした。まさに極みの間。
●匠の間は、やはり順番待ちが行列になっており、時間の関係もあり、残念ながらの退却です。
●その足で、静岡へ戻り、駿府城公園のマロニエ・マルシェに、管内の若手農業者達が出店しているという事で覗きに行きました。客層が全く違うんだなぁ、と思いつつ、そこで積極的に新しい吸収を行っている若手農業者達に感服。知り合いの若手茶業者としばし歓談させて頂きました。勉強になります。
c1_201611272042139af.jpg
c2_201611272042146d6.jpgc3_20161127204213106.jpg
□色々と販売されていて、枝豆とイチゴ、そして薔薇の花束買って帰りました。
●結局、一日駆けずり回り、車の移動時間も思った以上に長かったのですが、とりあえず、色々と情報吸収も出来たので満足です。久しぶりに会えた方もたくさんいらしましたし。
●足は最悪の事態は免れたようですが、やはり、痛みはあるため、しばらくは大人しく行動しようと。
●明日から雨降りにならないよう祈るばかりです(歩いて職場へ行くのはちょっと辛いかも】。
●珍しく、仕事でなく、動き回っていた土日でした。本当に珍しい。
●偶の一冊。上平恒[著]『水とはなにか-新装版-』【2009年,㈱講談社,\860+税】。お茶、水、水って大事。本当の意味で本質に近づくのであれば、水をもっともっと理解しなくてはいけない。例え、ブルーバックスからでも。
IMG_0002_20161122174235f6d.jpg
[ 2016/11/27 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1454-ffd6487f