FC2ブログ
2020 081234567891011121314151617181920212223242526272829302020 10

2016年11月11日(金) ゾロ目で、振替休み

●ゾロ目の日だ。今日は、10月末日の、世界お茶まつりで出勤した土日の振替休みで、職場へ行かず。気持ち的に残した仕事が気にはなっているが、とりあえず、雨も止み、天気も良さげな日、朝からのんびりしている。夜は、統計飲み会が待っているし。
●そんな具合なので、統計本を幾つか読みながら、パソコンに入れたRをいじくっている。なかなか難しいので、一番最初に買ったR本である、金明哲氏の「Rによるデータサイエンス」で基本的な勉強。その上で、MCMC等を使えるようになりたいのだが。
●併せて、久々に紅茶を飲んでみる。もう3年モノになろうかという、つゆひかり、と、さやまかおり。つゆひかりは、完全に丸味になっているし、さやまは相変わらず尖った渋味を出している。お茶って面白いなぁ。
a1_20161111131923b51.jpg
a2_2016111113192694c.jpga3_20161111131926f4d.jpg
□つゆひかり。作り立ては、どうもなぁ、と思っていたが、落ち着くと味わいがまろやかで美味しい紅茶であると思う。もう少し、萎凋をキッチリとやれれば良かったなぁ、と思うのだが。
b1_20161111132121f27.jpg
b2_20161111132123bca.jpgb3_20161111132124ca5.jpg
□さやまのこの尖り感は、作った時に変わらない。グリニッシュに徹するのも手かなぁ、と思うところ。
●サンプルがまだ家にゴロゴロしている。そのうち、埋もれた10年物等が発生する事になるのだろう。その時になって分かる事も多分あるんだろうなぁ。
●久方の統計吞み会。楽しみ。
●行ってきました、統計吞み会。話題が、Stanに始まり、状態空間モデル、ベイズ、カルマンフィルター、粒子フィルター、そして、時系列における変化予測とそのモデル化。お茶では言えば、器と中身。器をどうつくるのか、中身をどう濃くするのか、それは何? それに茶樹という個体と、茶園という群落における制限要因は? 芽重と芽数なんて、管理の影響性であり、施肥処理的影響性においてはノイズにしかならない、のでは、とか、というような話。本当に、こんな話を出来るのは、N村さんしかいない、なぁ、と。先日の新聞にも載ったけど、良いお茶をつくるために施肥量増やしました、てバカが言って、それをバカが書いている、と思うのは、私達位なんだろう、とマイノリティは思いますが。とりあえず、Rを使えるようして、Stanを実装。で、過去のLP(リーフパンチ)時系列データの解析、また、経時枠摘みの時系列的分析。何て楽しいのだろう、と思える事ばかり。実際の仕事は置いておいて。
c1_20161112000138498.jpgc2_20161112000141fb9.jpg
c3_20161112000142d86.jpgc5_20161112000144b94.jpg
c4_20161112000144d5b.jpgc6_20161112000223c0f.jpg
□一軒目、全体料金から15%引きます、との話に乗って入ったお店は、学生さん用みたいな味よりボリューム重視、冷めた料理が主体、呼んでも来ない接客Eランクのお店でしたが、鍋を温めて、それにローストビーフを泳がせて食べたら、それなりに美味しかった。値段も学生値段、しょうがないね。
c7_20161112000225974.jpg
c8_2016111200022720a.jpgc9_20161112000227ba1.jpg
□そして、二軒目へ行く前に、街角で見つけた焼き芋屋台で、焼き芋購入。2軒目のお店にそれを持ち込んで食べたのですが、品種が、べにあずま?なのか、甘味強くて美味しかった。2軒目で楽しく呑み、終了。
●毎回、統計吞み会をする度に、お茶の本質とは、と考えさせられるし、それに向かって日常を対応させなければ、と思うのだけど。それにしても、当たり前の事、が当たり前でない、という認識を持たない人が多過ぎる。だから、日常がタダタダ面倒くさい、という事だ。もっと考えろ。
●あらゆる意味で満足な日でした。本当にお茶は楽しいです。
●偶の一冊。飯田辰彦[著]『日本茶の「本流」』【2016年,鉱脈社,\2,300+税】。萎凋にこだわる理由、一方で、その位置づけ、ポジショニング、どう捉えているか、でも変わってくる事。本当に美味しいお茶とは、あるいは、お茶とは、という事を全ての茶業者がこの先も問い続けていくのだろう。
IMG_0003_20161018193943785.jpg
[ 2016/11/11 ] お茶 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1438-e176c137