FC2ブログ
2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01

2016年8月20日(土) お休みラッキー

●休みの土曜日。朝から今日はフルに休みだ、と思い、贅沢にダラダラとする。夏だし、暑いし、でも、何も考えない休みは贅沢で幸せだ。
●お昼は小僧と一緒に、来来亭へ。目指すはゴールドカード。あと6回ラーメンを食べればゴールドカードになり、その後40回ラーメンを食べれば、ゴールドカードがいっぱいとなり、1ヶ月毎日ラーメン食べ放題となるのだが、それはいつになる事やら。5年後、10年後。あーあー、でも、来来亭は好きである。
a1_20160820155733c30.jpg
□山盛り葱ラーメン。このネギがスープに浸って、しなしなになったのを食べるのが美味しいんだなぁ。
●夜は吞み会でした。夏を偲んで、ビアガーデンです。そして思うのは、やっぱり、ビアガーデンのクオリティ、というのは、ビアガーデンがビアガーデンである事で成り立っている、という事実。それでも人がイッパイになるのは、ビアガーデンというノスタルジィーを味わいたい人ばかりなんだろう、と思う。でも、会話は楽しかった。
b1_20160820212352605.jpgb2_20160820212353154.jpg
b3_20160820212355be0.jpgb4_201608202123566a0.jpg
□ビアガーデンですから、やはりビールを飲んで、そして揚げモノ、枝豆、そして自分焼きコンロ付きで、肉焼く、エビ焼くでした。
●帰りがけに、抹茶リスタ?て何、と写真を撮ってしまいましたが、シェイクの事のようです。こうやって、常に新しい商品で勝負をしていかなくてはいけない企業は大変です。
c1_20160820212358f44.jpg
□しかし、何?て思わせたら、その時点で勝ちだなぁ、と思う訳です。
●お茶をつくっていて思うのは、これはやっぱり、イメージと感覚、そして創り手の技術とキャラクターだなぁ、と思う訳です。同じ茶葉を使っても、同じ機械を使っても、絶対同じお茶にはならないのだから。そして、それぞれの創り手の中に、自身のイメージする最高のお茶がある訳で。ただ自分の場合、それは、製造という立ち位置だけでなく、栽培であり、茶芽であり、内容成分であり、それらを踏まえた製造であり、という点が、多くの他者とは違う、という事だと思っています。そんな意味で語れる人を失う悲しさと共に、自分だけだな、という孤独を愉しんでいたりします。肥料の話しかり、製造の話しかり。誰か同じ目線で話をしてくれないかなぁ。
a2_20160818211255560.jpga1_20160818211504e96.jpg
□お気に入り。お茶を揉んだ、という満足感と、揉んでいる時に感じられる茶芽の充実性が気持ちを満たしてくれます。
□どこを目指す、何を目指す、いつもそう自分に語りかけていますが、結局、最後は自分が分かっていればいいのかなぁ、と。
●酔っぱらうと、どうしても、思いが先に走ります。でも、お茶は、まだまだ変われますから。だからこそ、面白い。
●技術屋でありたい。エセ技術屋ではなく、本当の意味での技術屋でありたい。
●偶の一冊。井上純一[作]『中国嫁日記①②』【2011年&2012年,㈱エンターブレイン,\950+税】。BOで\108で購入。以前、100円棚に置いてあったのに、表示額は450円と出ていて購入に迷って買わなかった。今回はしっかり\108になっていたので購入。面白い、と思った。個なんだなぁ、と色々と思うところである。
IMG_0001_20160813092536e3d.jpg IMG_0002_20160813092537159.jpg
[ 2016/08/20 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1355-4c887cc9